出張講義一覧

広島文教大学出張講義は、本学教員が高校に伺い、大学の専門分野の授業をわかりやすく講義します。
高校生が大学の講義や研究に触れ、各分野の学びの楽しさを実感することで、進路選択の参考にしていただくことを目的としています。
講義内容及び申し込み方法は、以下をご覧ください。

教育学科

No. 分野 職位・氏名 専門分野 講義テーマ 講義概要
E-25 教員養成 教授・今崎 浩 数学教育学 できるのに分からない?
~算数の教科書を深読みしてみよう~
3/5÷2/3 を計算すると、分数のわり算はひっくり返してかけると答えがでるので、答えは (3×3)/(5×2)=9/10 となりますね。
では、どうして分数のわり算は、ひっくり返してかけると答えがでるのでしょうか。(頭を抱えている人もいるかもしれませんね。)
算数や数学には「できる」のに「分からない」ということが多くあるようです。高校生になった今、もう一度算数の教科書の深読みをしてみませんか。
E-25 教員養成 教授・石原 義文 英語教育学 英語教員への道 小中高で外国語として英語を教える教員になるためにはどんなことが必要なのか、英語教員を育てるために大学ではどのようなことをしているのか紹介します。
E-23 教育学 教授・石原 義文 英語教育学 英語学習で意識すること 英語を読んだり、書いたりするとき、どんなことを考えながら行っているのか、どんなことを意識すべきなのか、英語の学習方略についてお話します。
E-23 教育学 教授・笹原 豊造 英語 英語教育 「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を活用し、実際のコミュニケーションを行う言語活動に重視した英語教育の在り方について講義します。
E-25 教員養成 教授・森 哲之 書道/書写書道教育学 小学校における学習指導と児童理解
~国語科書写の指導を例として~
初等教育、小学校教諭に関する内容について、具体的な学習指導法や児童理解を中心にお話します。ここでは、小学校国語科書写の学習指導を例に、教材研究や授業のあり方について考えていきながら、初等教育の学びの特徴を捉えていきます。また、大学における初等教育の学びや実習、多様な活動、実践的な取り組みについて紹介します。
E-25 教員養成 准教授・上村 加奈 乳幼児保育学 乳児の育ちとあそびの面白さ 約15年前のあなたはどのような様子だったのでしょうか。誕生して1年未満の乳児に接したことがありますか。1年間でどのように成長するのでしょうか。乳児のあそびとはどのようなものなのでしょうか。どんな様子で遊んでいるのでしょうか。どんなことに興味を示すのでしょうか。乳児の気持ちを考えたり行動を予測したりしながら、乳児にとってのあそびとその面白さを学びましょう。
A-4 文化学 准教授・庄 ゆかり 情報リテラシー教育 現代社会とメディア 現代社会は、様々なメディアから発信される情報であふれています。しかし、私たちは、その情報をうまく受け取り利用することができているでしょうか。
この授業では、身近にあるメディアを用いて情報を収集・分析・考察しながら、各種メディアの特徴を学び、メディアと私たちの関わり方を考えます。
E-25 教員養成 准教授・牧 亮太 教育心理学/保育の心理学 子どもの心の不思議をのぞいてみよう 絵本のなかの世界を信じていたり、何でもないような手品に驚いたり、無謀なことにチャレンジしてみたり、何度もおバカなことをしては友だちと一緒に笑い転げたり、アリの行列を30分も見続けていたり…。子どもの心は不思議でいっぱい。しかし、心理学の視点からその“不思議”をひも解いてみると、子どもたちなりに色々なことを考えていることに気づかされます。子どもは決しておとなに「~してもらう」だけの存在ではないことを学んでいきましょう!
E-25 教員養成 講師・大野内 愛 音楽教育学 声の出し方を知り合唱の喜びを体験しよう 合唱は子どもの心を育てる1つのツールになります。声が大きい人も小さい人も、声が高い人も低い人も、歌が苦手な人も得意な人も、お互いに助け合って作り上げることのできるものです。そして美しい「音楽」や「声」がその感動をさらに高めてくれます。今回はオペラ歌手としての専門的な発声方法を踏まえ、子どもたちへの易しい発声指導の方法や、美しくハモらせるための工夫などを、みなさんに実際に体験しながら学んでもらいます。
E-25 教員養成 講師・長澤 希 音楽教育学 先生も楽しい!子どもも楽しい!音楽遊びのいろいろ
~ちょっとした工夫で音楽がもっと楽しくなる~
 「音楽は好きでも音楽の授業は嫌い」,「カラオケは好きなのに授業で歌うのは苦手」という子どもは少なくはありません。なぜでしょうか。子どもが歌わされていると感じていませんか。型にはまった授業内容にとらわれてはいませんか。
小さな子どもは,ほとんどの場合音楽に対して好意的な態度を示すものです。だとしたら,子どもが楽しくない原因はどこにあるのでしょう。
この講座では,「音楽の授業が楽しい!」「歌うことが好き!」と子どもが感じられるようになるための,ちょっとした授業づくりのヒントを提案します。

人間福祉学科

No. 分野 職位・氏名 専門分野 講義テーマ 講義概要
B-10 社会学 教授・小川 真史 福祉制度 誰もが通る道 日本社会において人生を全うしようとするためには、誰もが福祉制度とは無関係ではいられない現状があります。その認識に立った上で、特に誰もが関係する福祉制度の現状について各自考える内容の講義を行います。
A-3 哲学・心理学 教授・李木 明徳 発達心理学 子どもの発達について 乳児期を中心とした子どもの発達についてその様子と大切な点について講義します。これを通して,自分の育ってきた道筋について振り返ることを行い,自分についてあらためて考えるきっかけとなることをねらいます。
B-10 社会学 准教授・清水 克之 子ども家庭福祉 子どもの貧困 現代日本では、子どもの貧困が広がっているといいます。子どもの貧困は、本当にひろがっているのでしょうか?子どもの貧困があるとしたら、それはどのようなもの?報道で流されるデータを正しく理解する視点を学ぶとともに、本当に支援が必要な子どもの現状と支援方法について学びます。
C-17 保健・衛生・医療技術学 准教授・西山 美香 保健学 いつでもどこでも必要な清潔のケア
~衛生的手洗いの方法~
世界的な規模で、また身近なところでの様々な感染症がニュースになっています。「いつもの手洗い」と「衛生的手洗い」の違いを、グリッター・バグ(手洗いトレーニング教材)にて実際に確認し、感染防御の重要性や原則、様々な方法を解説します。
C-17 保健・衛生・医療技術学 准教授・西山 美香 保健学 こども(乳児)の清潔のケア
~衣服の交換~
こどもの生活習慣、特に清潔については周囲の人たちからの援助が必要となります。乳児モデル人形を使って、衣服の交換を体験します。清潔のケアの重要性、衣服の選択、衣服の交換についての方法や留意事項を解説します。
B-10 社会学 准教授・橋本 圭子 ソーシャルワーク(相談援助技術) ソーシャルワーカーの仕事ってなに? 医療・福祉の現場で患者・利用者からの相談に応じる、「ソーシャルワーカー」という仕事があります。
講義においては、当該高等学校の所在地周辺にある機関・施設を具体的に取り上げ、それぞれの機関・施設で、ソーシャルワーカーが日々どのような仕事をしているか紹介します。
それによって、目に見えにくいといわれるソーシャルワーカーの仕事を、高校生が具体的にイメージでき、医療・福祉の仕事に関心を持ってくれることをめざします。
B-10 社会学 講師・太原 牧絵 社会福祉 福祉のしごと 福祉の仕事にはどのようなものがあるかを説明します。また、その仕事に必要な資格や仕事の内容などを映像を用いながら説明します。
B-10 社会学 講師・太原 牧絵 社会福祉 みんなに優しい社会
~当事者体験を通して~
車いす体験や目隠しでの移動体験を通し、当事者がどのような気持ちであるかを体験し、みんなに優しい社会を考えます。
B-10 社会学 講師・太原 牧絵 社会福祉 成年後見制度 認知症の高齢者や知的障害者、精神障害者など、判断能力が不十分な方を支援する成年後見制度とはどのような制度なのか解説します。
B-10 社会学 助教・河内 佑美 介護福祉 介護って高齢者だけ?!
~こころとからだで体現する生活支援技術~
介護は高齢者のみに必要なスキルではなく、児童と関わる際や自力だけでは生活できない人を支援する際にも必要な技術です。このことも踏まえながら、今回は高齢者に必要な、こころとからだで表現する生活支援技術について説明します。

心理学科

No. 分野 職位・氏名 専門分野 講義テーマ 講義概要
A-3 哲学・心理学 教授・田村 進 スポーツ心理学 実力発揮にむけての心の準備 スポーツの競技会に限らず、コンクールやテストなどで自分の持っている力を十分に発揮できなかった経験をお持ちの方は多いと思います。これには、その場面における個人の心理状態の関わりが大きいと考えられます。どのような心理状態のときにどのように対処すればよいか、いくつかの例をとおして考えていきましょう。
A-3 哲学・心理学 教授・田村 進 スポーツ心理学 「やる気」の心理学 私たちが何らかの行動を起こすか起こさないかには、「やる気」が大きく関係しています。自ら進んで行っていた行動に対して急にやる気を失ったり、どちらかというと嫌だった内容にやる気が出てきたりと、私たちのやる気は状況に応じて変化します。このような「やる気」について、身近な例を題材にやる気upの方法について考えていきましょう。
A-3 哲学・心理学 教授・田村 進 スポーツ心理学 どうすれば効率よく上手になれる? 運転技術の向上、楽器演奏の習熟、スポーツ技能の上達など、多くの動作や行動の習得と熟達は、私たちの日常生活において必須の事柄と言えるでしょう。多くの人が、これらの技能を効率よく上達させたいと思いながら練習に励んでいますが、思ったように上達しないのが現実・・・。このことについて、心理学の研究成果から、効率のよい練習方法を考えていきましょう。
A-3 哲学・心理学 教授・福田 雄一 臨床心理学 心理検査で人を「わかる」ということ 世間には「心理テスト」とよばれるものがあり、みなさんも多少目にしたことがあると思います。専門家が使う「心理検査」とは内容や使い方がかなり異なるのですが、どのような違いがあるのでしょうか。また、その人の特徴をどのように捉えれば「わかった」ことになるのでしょうか。心理検査の実習をもとに考えてみましょう。
A-3 哲学・心理学 教授・福田 雄一 臨床心理学 無意識の世界 私たちは自分のこころの中で起こっていることをすべてわかっているといえるでしょうか。「どうしてこんなことをしたのだろう」と疑問に思うことはありませんか。「無意識」というキーワードを手がかりに、こころの世界の奥深さを探ってみましょう。
A-3 哲学・心理学 教授・福田 雄一 臨床心理学 困っている人をどう支えるか 悩みや困りごとを身近な人に相談したり,相談されたりした経験のある人は多いと思います。そのような「相談」の場面で大切にしなければならないことは何でしょうか。「相手との接し方」や「ものの見方」などの視点から考えてみましょう。
A-3 哲学・心理学 准教授・浴野 雅子 臨床心理学 心の無意識と夢世界 起きて意識しできる心のエリア以外にも無意識の心は動いて、心を構成しています。寝ているときは特にそれが活性化しています。そのイメージが夢です。無意識への王道といわれる夢について少し考えてみましょう。
A-3 哲学・心理学 准教授・新見 直子 発達心理学 コミュニケーションには何が関係する? コミュニケーションは日常的な活動ですが,年齢によってその特徴には変化がみられます。青年期ではコミュニケーションにどのような変化がみられるでしょうか。そして,その変化には何が関係しているのでしょうか。研究結果とワークを通して考えてみましょう。
A-3 哲学・心理学 講師・住岡 恭子 臨床心理学 カウンセリング初歩の初歩 カウンセリングや心理療法とは一体どういうものなのでしょう。特に重要な「受容」と「共感」について体験的に学んでみましょう。また、カウンセリングや心理療法がどのような現場でどのように活用されているかを紹介します。
A-3 哲学・心理学 講師・寺田 和永 臨床心理学 幸福な生活にむけて
~ポジティブ心理学の観点から~
私たちの多くは,心身ともに安定し,充足した生活を望んでいます。では,どのようなことに心がけたり,行動したりすることが,そのような毎日を送ることにつながるのでしょうか?これをやれば大丈夫!!という答えは?そこで,近年注目されているポジティブ心理学の観点を提示し,皆さんとより良い生活について検討したいと思います。
A-3 哲学・心理学 助教
・宮城 円
認知心理学 体験から学ぶ認知心理学 私たちは、自分が思っているよりも、外の世界や自分の心の世界を正確に理解できていません。この講義では、簡単な実験の体験や実験例の紹介を通して、普段私たちがどのように外の世界を見たり、自分の心を理解しているのかについて解説します。

人間栄養学科

No. 分野 職位・氏名 専門分野 講義テーマ 講義概要
C-16 栄養学 教授・尾崎 英司 食品衛生学 その食品は安全ですか? わたしたちが毎日食べている食品の安全性はどのような仕組みで維持されているのでしょうか。食中毒の発生事例やその原因、家庭でできる食中毒予防などについて解説します。
C-16 栄養学 教授・小田 典子 病理学 食塩の摂りすぎによる病気 なぜ食塩の摂りすぎが身体によくないのでしょうか。食塩の摂りすぎによる身体への影響と、その結果としてみられる臓器の形態学的変化について画像をまじえて説明します。
C-16 栄養学 教授・黒川 知則 基礎栄養学 健康に生きるために必要な栄養素の基礎知識 栄養素の適切な摂取は、健康の維持・増進および病気の発症予防や治療に重要です。こうした視点から栄養素の働きとそれらの相互関係について概説します。
C-16 栄養学 教授・藤井 律子 解剖生理学(神経科学) 食事とこころの健康 規則正しい食事は、単にからだの発育や生命維持に必要であるだけでなく、健康の維持増進にも関与しています。本講義では、特に青少年層の「食生活習慣」が「こころ(脳のはたらき)」に及ぼす影響について科学的に解説します。
C-16 栄養学 准教授・阿武 久美子 生化学 カラダは工場、カラダは製品 「全てのものは元素でできている」と習いましたね。ヒトの身体も元素でできています。食べた物からカラダという完成品を作り出す過程を、元素、分子、エネルギーとその調節として学びましょう。
C-16 栄養学 准教授・伊藤 由美子 臨床栄養学 肥満と健康について 健康づくりには栄養が大きく関わっています。体重管理も含めて食事や栄養について考えてみましょう!
C-16 栄養学 准教授・佐名木 由美子 公衆栄養学 情報を上手に取り入れた健康な食生活 食に関する情報がインターネット等で簡単に入手できる時代ですが、その情報は正しく活用されているのでしょうか。外食や市販食品の利用も含めて、食生活について改めて考えてみましょう。
C-16 栄養学 准教授・中藪 宏美 給食経営管理論 おいしい給食ができるまで 小中学生の時に食べていた給食には多くの工夫と思いが込められています。献立を立てる栄養士・調理を行う調理員の視点から給食作りについて考えてみましょう。
C-16 栄養学 講師・黒飛 知香 食品学・官能評価 おいしさを感じるメカニズム 普段何気なくしている食事ですが、実は私たちは五感(味覚・嗅覚・触覚・聴覚・視覚)をフルに使って味や香り、テクスチャーなどを感じ、これらが複合的に合わさることで「おいしさ」を感じています。おいしさのメカニズムについて学んでみましょう。
C-16 栄養学 講師・塩田 良子 栄養教育論 食文化、食の教育~食卓の変遷~ 子どものうちに身に着いた食習慣や考え方は、一生涯にわたって続きます。「和食」をはじめたとした日本の食文化を大切にするために、食材や料理に関することを振り返ってみましょう。そして、次世代に伝えたい食の楽しさや大切さとは何か、一緒に考えてみましょう。
C-16 栄養学 助教・戸松 美紀子 調理学 管理栄養士としての献立設計 献立設計の基本となる考え方を理論に基づき学び、「健康の維持増進につながるおいしい食事」について考えてみましょう。

グローバルコミュニケーション学科

A-4 文化学 教授・宮崎 洋一 中国文化史 漢字の成り立ちと現在 古代の四大文明で創り出された文字で、現在まで使われているのは漢字だけです。中国だけでなく、朝鮮半島や日本などを含む東アジアで広く使われています。漢字は、どのようにして生まれ、現在の形に変化してきたのでしょうか、そして、現在、漢字にどんなことが起こっているのでしょうか、身近な例をもとにお話ししたいと思います。
A-1 文学・哲学 教授・小西 弘信 英語学 英語が国際語になるまでの歴史 我々が中学校から学んでいる英語は現代世界において最も有力な国際語である。しかし、かつての英語はヨーロッパでも辺境にあるイギリスの国語でしかなかった。授業では、英語が、どうして今日のような地位を得たのかを歴史を通して講義する。
A-1 文学・哲学 教授・豊後 宏記 中国文学 漢詩の構造 漢詩はその名の通り中国の文学ですが、古来日本文学の一ジャンルとして多くの作品が作られてきました。しかし日本の漢詩人のほとんどは、漢字が実際にどのように発音されるのか知りませんでした。それにもかかわらず、なぜ彼らはみごとな詩を詠むことができたのでしょうか。それを可能にした漢詩の構造について、日本の漢詩を例にとりつつお話したいと思います。
B-7 経済学 教授・松原 淳一 金融 銀行券の役割 お金を好きな人は多いですが、お金のことを本当に知っていますか。日本にはどのくらいのお金があるのか、お札1枚いくらでできるのか、お金と景気の関係はなどを学習します。
E-23 英語教育学 教授・八島 等 英語教育学 英語の未知語に対する対処法 英文を読んでいると、必ず、意味が分からない語に遭遇します。その時、みなさんならば、どのようにしますか。すぐに辞書を引きますか。飛ばしますか。保護者の方などに聞きますか。実際にはどのような方法があるのかを考えていきます。
A-1 文学・哲学 准教授・上利 学 英語 英語のトリビア 英語の学習では、コミュニケーションや文法などに重きが置かれますが、英語そのものに目を向けると、綴りや発音など「なぜ」と思わせられるような現象が多々あります。歴史を遡りながら現代英語の「謎解き」に迫ります。
F-27 教養学 講師・岩下 康子 国際理解 英語プレゼンテーション 自分の考えを発信することが重視されるようになりました。プレゼンの構成や話し方ひとつで相手をぐっと引き付けるコツがあります。一つ上の段階を目指したプレゼンスキルを紹介します。
F-28 国際関係学 講師・岩下 康子 国際理解 異文化コミュニケーション 英語を話せるようになったら、世界で活躍できるかのようなフレーズに惑わされていませんか?英語はツールの一つとして必要ですが、それを上手に使いながら、相手の文化や環境を理解していくことのほうが、もっと重要なのです。異文化コミュニケーションについて考えてみませんか。
B-9 経営学 講師・小原 寿美 キャリア教育 働くってどういうこと? みなさんは将来,どのような仕事に就きたいと考えていますか。そして,どのような人生を過ごしたいですか。そのために,今何をしようと考えていますか。ワークを通して自分の価値観と向き合う中で,未来について考えてみませんか。
B-10 社会学 講師・仙波 希望 社会学・カルチュラルスタディーズ いま都市を考えるとはどういうことか 21世紀は「都市」の時代だと言われています。都市再開発や高層マンション建設の加速など、大いに「都市再生」が謳われる一方、過疎化やエスニシティなど新たな都市問題についても議論されています。しかしそもそも、「都市」とはどのようなものであり、都市を考えるとはいったいどのようなことなのでしょうか。この講義では、19世紀のロンドン、そして1960年代のニューヨークなどを参照にしながら、現代の「都市」を考えるための「ものさし」を身につけることを目的とします。
F-27 教養学 講師・和上 順子 教育情報学 効果的なプレゼンテーション資料の作成 パソコン等で資料を作成し、スクリーンに映し出して発表するという機会が増えています。どのような点に気をつければ、わかりやすくて見やすい、また印象づける資料となるかについて、デザインの観点から考えます。