教育学科 中等教育専攻

社会のニーズに対応できる教師を育てる。

教育学科 中等教育専攻


2020年からの教育改革により、未来の教育現場も大きく変わります。

新たに始まった教育学部では、将来の変化も見据え、教育学・保育に関する専門的な知識や技能を修得し、

主体性と協同性を持ったたくましい実践力のある人材を養成します。

  • 国語教育コース

    国語教育コース

    中学校・高等学校の教育現場の現代的課題に対応できる、たくましい実践力のある国語教員の養成

    日本語学・日本文学・国語教育法等に関する専門科目の学修を通して、幅広い教養とともに教育実践力を身に付けた中学校・高等学校の国語教員を養成します。
    (主たる学修内容:日本語学・日本文学・国語科教育法等の教育・研究)

  • 英語教育コース

    英語教育コース

    グローバル社会を生き抜く人材育成に貢献できる英語教員の養成

    小学校に英語が強化として導入されたことに伴い、小・中・高の連携を見通した英語教育を推進し、グローバル社会を生き抜く人材育成に貢献できる英語教員を養成します。
    (主たる学修内容:英語学・英語文学・英語コミュニケーション・英語科教育法等の教育・研究)


主な取得可能資格・免許

  • 中学校教諭一種(国語・英語)
  • 中学校教諭二種(国語・英語)
  • 高等学校教諭一種(国語・英語)
  • 司書教諭 など

取得可能資格・免許の組み合わせ

資格・免許 国語教育コース 英語教育コース
中学校教諭一種(国語)
中学校教諭一種(英語)
中学校教諭二種(国語)
中学校教諭二種(英語)
高等学校教諭一種(国語)
高等学校教諭一種(英語)
司書教諭


特徴的な学び

 中等教育専攻は2019年4月からスタートしました。正課外活動も、第1期生が〝はじめの一歩〟を踏み出しました。正課外活動では、授業とはまた違った視点から、学生たち自身の可能性を試す機会が持てます。学生の皆さん! 教育、語学、文学……自由な発想のもとで試行錯誤しながら、様々な活動を立ち上げましょう。
 本学の教育学科は、人間科学部初等教育学科の学生たちが築いてきた伝統を受け継ぎながら、さらなる飛躍を目指しています。ここで、初等教育学科の正課外活動をいくつか紹介しましょう。どの活動も、学生たちが主体的・協同的に取り組んでいます。

 

 

 

  • 顔晴りの会

    小学校・幼稚園・保育所の採用試験対策を学生主導で企画・運営。学生自身のニーズに即して、教職教養や教科専門教養、模擬授業/ 保育、小論文、面接などの多彩な講座が開講。大学専任教員が綿密に指導するからこそ、本物の力が付きます。

  • 県人会

    中国・四国・九州地域等から多くの学生が集う教育学科では、各県で県人会を開催。採用試験対策の情報共有や勉強会も実施。先輩後輩の枠を越えて、同じ目標に向かって取り組むもの同士、励まし合いながら団結力を深めます。

  • 実践力を高める。

    学校支援ボランティア

    近隣の学校に出向き、学習支援ボランティアとして子供たちや教員の方々の教育活動をサポートします。教員を目指す学生たちにとって、現場でのボランティア活動から学ぶことは多く、「教員」という職業について考える機会にもなっています。教育実習や教員採用試験に向けて、実践力を養う場でもあるでしょう。

中等教育専攻では、国語・英語に関する深い学びを追求します。学生たちには、それぞれの分野における専門性を深めるとともに、分野を超えた広い視野で新しい教育の形を切り開いてほしいと願っています。今後、学生主体の「勉強会」「研究会」などが活発に行われることを大いに期待しています。

 

学科別に見る就職先の特徴