• 2019.7.17
  • 教職センター

保育実習Ⅱ・Ⅲ 報告会を行いました

初等教育学科幼児教育コース、人間福祉学科社会福祉コース4年生が、保育実習Ⅱ・Ⅲの事後報告会を行いました。

〇4/11、4/18:グループ討議
 保育所、施設の種別に分かれ、実習中の事例を基に各グループで討議を行いました。子どもの言動や保育者の援助など保育実習Ⅰの学びを深めながら細かいところに目を向けながら話し合いを行いました。

   

〇4/25(保育所)、5/9(保育所・施設):全体報告会
 全体報告会では、グループ討議を基に、考え出したことについて、2日にわたって発表しました。
 4年生は、ほかのグループの事例の発表を聞きながら、「自分だったら...」「この子どもの言動の意図はほかにもあるのではないか...」と1つ1つの事例に対して考え、質問をしている姿も見られました。保育実習Ⅰの報告会とは違う姿を見ることができ、保育実習Ⅱ・Ⅲの実習でさらに学びを深めることができる実習ができたのはないかと感じました。
 報告会に参加していた1~3年生は、積極的にメモを取り、前向きに学習する姿が見られ、今後に向けた実習に対してもイメージを膨らませることができましたようでした。

  

〇5/16:グループ討議(振り返り)
 全体報告会後にもう一度グループ討議を行いました。このグループ討議では報告会で出た質問に対して、改めて考えました。全体報告会で様々な人からの意見を聞くことで、気づいたことも多くあり、事例を考える上での大切なこと、現場に出た時に活かしたいことについても考えることができたようでした。