広島文教大学附属高等学校 オフィシャルブログ

三入中で出張説明会

6月25日に、広島市立三入中学校の学校説明会に参加してきました。生憎の梅雨空で少しひんやりとした午後でしたが、3年生の生徒さん約100名が集まった体育館は、現在の情勢下、受験のための情報に飢えているのか、緊張感とともに期待に満ちた熱い空気を感じました。

 三入中学校の学校説明会の計画によると、本日は私立高校4校が、また、7月に入ってからは公立高校4校が説明を行うという流れです。コロナ禍という状況のなかでも、生徒に高校のあり方の違いを理解させる意図が読み取れます。私立の4校は、本校の他に崇徳高校、広陵高校、瀬戸内高校が招かれており、本校以外はみな共学校という、まさに時代の波に呑み込まれそうな構図ですが、逆に言えば、「育心・育人」という建学の理念に裏打ちされ、本校が伝統として培ってきた女子教育の完成度の高さを理解していただく絶好の場面となりました。

 本校は、トップバッターとして説明を始めます。世の中の状況から3密を避け、空間を開けて配置された体育館の座席には、男子生徒と女子生徒が交互に座っています。その後ろには保護者の方が十数名。生徒のみなさんのあいさつも声がしっかりと出ており気持ちが良く、しっかりと指導されているなと感じます。...男子生徒。「妹さんによろしくね。」という冗談はさておき、私立学校の特色ある教育を知ってほしいというこちらの意図を汲んでいただけたのか、張り詰めた空気のなか、全生徒・保護者からの痛いほどの視線が突き刺さってきます。

やはり〝一番近い高校"である本校に興味・関心は強く、改革を行って3年目の「夢を叶える5つのクラス」が一体どういうものなのか知りたいという思いが最も強いということがよくわかります。また、クラブ活動はどんなものがあるのか、高校生活は充実して青春を過ごすことができるのか、卒業後の進路は、といったことをよく理解していただけたのではないかと思います。

 三入中学校出身の生徒さんの数は、今年度、本校で3番目に多くなっています。来年度も是非とも、本校の姿と教育内容を気に入っていただき、入学していただけたら嬉しいです。

 三入中学校の生徒さん、待ってますよ!

 また、同日、口田中学校にて約200名の生徒を対象にした学校説明会に、入試広報部の住山先生が参加しました。完成したばかりのリーフレットを渡すことができ、中学生も真剣に興味を持って聴いていただきました。

(文責・入試広報部 井上泰)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.