広島文教大学附属高等学校 オフィシャルブログ

㉓ 学び多きガールズ・サミット

8月19日、国際ソロプチミスト広島もみじ様のお招きで、国際ソロプチミストアメリカ日本西リジョン主催のガールズ・サミットに、本校2年A組の永江夏生さんが参加しました。ガールズ・サミットは21 世紀を担う女性のリー ダーとして、その能力を開発し、指導力を育成する機会や経験の場を提供するものだそうです。女子高校生たちが夢の実現に向けて、自ら課題を見つけ、学び、考える力を養い、お互いに理解し 交流を深めることを目的と しています。

倉敷市内であったサミットには中国・四国地方の約300人が参加。「私らしく生きるためにーこれからできること 乗りこえることー」をテーマに、フリーアナウンサーで、精神保健福祉士の田淵泰子さんの基調講演、プレゼン力やセルフマネジメント力を磨くワークショップ、SWOT分析など学びのイベントが目白押しです。サプライズゲストとして、倉敷市の女性市長、伊東香織さんが登場し、女子高生やソロプチミスト会員らにエールを送られました。

意見発表会では、西日本エリアの女子高校生55人が参加しました。広島県からは、広島文教大学附属高校のほか、安田女子、AICJ、如水館、市立呉、庄原実業、忠海、尾道、府中、近大附属福山校、武田、三次、山陽女学園、熊野、盈進高校などの生徒が顔を揃えています。

さあ、永江さんの登場です。「未来日記」をテーマに自分の考えを訴えました。未来日記とは、あたかも願いが叶った様に宣言し、叶った事を前祝いすることで、未来図を設定し、願う未来を創造するために、今、起こすべきアクションを明確にすることだそうです。

永江さんは「 10年後の未来の私へ」と題して、約2分間、自己紹介も交えながら、熱弁を振るいました。「自分の強み・得意なことを高めて、よりブラッシュアップする。弱みはどう対処し、いかに対策するかが大事だと痛感しました」と永江さん。「ガールズ・サミットを通じて、自分とは違う意見を持つ人たちとも積極的に意見交換し、自分の視野を広げていきたい。10年後には公認会計士のなるという夢を実現させていたいです」と意気込んでいました。

永江さんは170センチ以上の高身長の持ち主。そのためか、参加者の中で一番堂々として迫力があったと、ムッシュは思いました。普段は恥ずかしがり屋さんの永江さん。彼女にとって、自分を生き生きと輝かせるいい機会になったようです。

国際ソロプチミスト広島もみじ様は、広島文教高校や広島文教大学に対して、物心両面で支えていただいている支援組織です。今回のようなイベントにも参加させていただくほか、多彩なセミナーにも文教生をお招きいただいています。

地域社会と世界中で女性と女児の生活を向上させることを使命に、奉仕活動を続けている 国際ソロプチミスト広島もみじ。女性が女性を助け人権を守り「女性と女児の生活の向上」に視点をおいて、私たちの地域社会で表彰や支援プロジェクトを続けています。サミットに同行してくださった国際ソロプチミスト広島もみじの福田千鶴子さんは「中四国の女子高生が一堂に集う貴重な場です。文教生には素晴らしい学びの機会にしていただきたい」とにっこり。

国際ソロプチミスト広島もみじは、家族の生活を向上させる為に経済的支援を必要としている女性やDVに苦しんでいる女性、それを支援している女性たちを表彰し、多くの人々に助成金を贈り、更に「支援・奨励・顕彰・援助事業」の候補者を発掘し、推薦しています。経済的な理由のため学業を断念、または専念できなくなった高校生、専門学校生、大学生へ援助金を贈り、卒業まで支援しています。文教高校はこのような素晴らしい組織にも認めていただき、支えられているんですよ。多謝です。

a.jpgb.jpgc.jpgd.jpge.jpgf.jpgg.jpgh.jpgi.jpgj.jpgk.jpgl.jpgm.jpgn.jpgo.jpgp.jpgq.jpgr.jpgs.jpgt.jpg2.jpgu.jpgv.jpgw.jpg

河合塾出前講座始まる

8月19日、河合塾の出前講座が5日間の日程で始まりました。センター試験対策の英語で、講師は女子高生に人気のイケメン、平岡先生です。「JR広島駅の河合塾まで行かなくても、文教高校でカリスマ先生の講義が受けられる」と、40人の生徒の熱気で教室はムンムンです。

平岡先生の講義は分かりやすくて丁寧なのが売りです。「理解できないところ、受験生に難しい問題、苦手な問題には時間を割いて徹底的に教えます」と平岡先生。センター対策の秘策やコツが次々と飛び出します。生徒たちも目を輝かせながら、真剣な表情です。

夏休みの河合塾出前講座は3年前にスタートし、文教の夏の風物詩として定着しつつあります。今回は、PTAの全面的な支援・理解もあり、全校生徒に募集を掛けました。あっという間に、定員が埋まってしまうほどの人気でした。「英語の文教」として、文教生のアツい夏はまだまだ続きます。この厳しい夏を乗り越えたら、きっと夢が叶う、いい春がやって来ると信じて、文教生は闘っています。(文責・今岡)

a.jpgb.jpgc.jpgd.jpg

㉒ 清鈴会は最高です❗️

8月18日日曜日、広島文教高校の同窓会「清鈴会」の総会と懇親会が市内のホテルでありました。今春卒業した文教生をはじめ、創立から71年の間に卒業したOGたち、本校で教鞭を取って退職された先輩先生方、もちろん、本校の河田校長先生やムッシュ、石川教頭のほか、旧3学年の担任など現役教員も顔を揃えました。総勢約80人です。会場いっぱい文教愛にあふれ、清々しい楽しいひと時でした。

ベテランOGたちは、とにかくお元気です。ハツラツとしていて、凛としていて、とてもパワフルです。文教高校はこの方々のOG様たちに支えられていることを実感しました。総会に続いて行われた懇親会。盛り上がってくると、恒例の合唱やダンス、十八番のカラオケ、ご自慢の一発芸などが披露されます。会場は拍手と笑いに包まれ、「文教家族」は和気あいあいです。

文教家族は10代から80代まで、多士済々です。自然と世代間交流が繰り広げられていました。文教にお世話になって2年とちょっとのムッシュ。ベテランOG様に比べると、まだまだひよっ子です。が、清鈴会に仲間入りさせていただき、「文教スピリット」を共有させてもらい、文教愛の持ち主になりました。そう、痛感できる会です。

清鈴会は入学式や卒業式、体育祭への出席、文化祭「文教祭」での出店のほか、さまざまなシーンで、現役文教生や文教高校を見守っていただいています。物心両面で温かく支援していただいています。ありがたい、頼もしいサポーターです。毎年の清鈴会懇親会を通じて、本校を巣立った卒業生が後輩たちを見守る同窓会はいいものだと、つくづく思いました。

みなさん、お仕事や家事・育児などでお忙しいとは思います。まだ、清鈴会の懇親会に参加したことのない同窓生の方々、年に一度の数時間です。ぜひご参加ください。あの高校時代のキラキラ輝いていたあなたに、タイムスリップして出逢えますよ。思い出話に花を咲かせましょう。お待ちしております。

a.jpgb.jpgc.jpgd.jpge.jpgf.jpgg.jpgh.jpgi.jpgj.jpgk.jpgl.jpgn.jpgo.jpgp.jpgq.jpgr.jpgs.jpg

㉑ 無心になれる料理教室

お盆休みを利用して、久しぶりに近所の「料理教室」に参加しました。仕事にかまけて当分ご無沙汰だった料理教室。夏休みという事もあって、小中高校生の姿もあり大賑わいでした。今日のメニューは、夏のど定番「カレーと手作りナン」。家ではできないと諦めていた本格インドカレーがムッシュでも手軽にできました。無心になれる夏のひと時でした。

オリーブオイルにハマるとオリーブオイルソムリエの資格取得、宅地や建物の事が気になると宅建資格に挑戦、保険の事が気になると生命保険や自動車保険の資格を取るほど、数年前、ムッシュは資格マニアでありました。料理教室もリタイア後、お店でも出したいなあと思った瞬間、ライセンスを取ろうと始めました。不思議なもので、資格取得を目標にすると、長続きして、初志貫徹できたんです。今では、文教の事が大好きで、文教高校が楽しくて、「文教生のために」が頭から離れないので、資格どころではありません。

料理教室に通うムッシュに対して、家族は「少しは習った成果を食べさせてよ」とリクエストしてきますが、未だ習ったレシピを家で作ったことはありません。ムッシュの資格好きも家族にはただの迷惑かもしれませんね。ところで、自他ともに「フェミニスト」と認める本校の河田校長先生。週に1回は奥さまのために夕食を作っているそうです。料理が趣味ということもあるそうですが、「若い頃、家庭を顧みず仕事、仕事だった罪滅ぼし」と校長先生は照れ臭そうに話されます。なかなかできないことだと感心しっぱなしですが、ムッシュの奥さんには内緒にしています。

こんなムッシュですが、校長先生に見習って最近するようになった事があります。毎朝、朝シャン後、洗濯機を回して、必ず洗濯物を干して、学校に行くようにしています。共働きの我が家。妻は「朝は時間がないので助かる」と大喜びです。世のお父さん方、奥さんに感謝の言葉はなかなか掛けられないものです。もちろんムッシュも照れ臭いです。「もう十分やってるよ」と言う方も多いと思いますが、ムッシュと同じようにまだの方は、ちょっとした事でも構わないと思います。感謝の気持ちを込めて(言葉に出さなくてもOKです)、家族のために出来る事をやってみることが大事だと思います。ゴミ出しでも、庭の水やりでも、掃除でも、布団干しでも、感謝の気持ちを、態度で表す事はいいもんですよ‼️

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo University.