広島文教大学附属高等学校 オフィシャルブログ

ムッシュ吉村のそこ知り㊵ 台湾修学旅行まで、あと2週間

ムッシュ吉村のそこ知り㊵ 台湾修学旅行まで、あと2週間

広島文教高校は本年度から、修学旅行が全て海外になってます。①3ヶ月から6ヶ月の海外留学、②2週間のカナダホームステイ、③3泊4日の台湾修学旅行ーの3コースから選んでもらいます。ニュージーランドやカナダの留学と、カナダ・バンクーバーのホームステイはすでに終了し、残すは11月6日からの台湾修学旅行です。あと2週間で出発です。ムッシュも引率します。楽しみですね。

台湾修学旅行のしおりも完成し、事前学習で台湾の言語や歴史、文化、観光、グルメなどを参加者全員で調べたレポートが校内の4カ所で掲示されています。台湾観光協会や台湾領事館から頂いた台湾観光をPRするポスターや台湾全土の地図も廊下の壁に掲示され、文教高校が台湾モードになっています。

修学旅行中、台北市の天守達人女子高級中学(日本で言う高校)と交流しますが、その際に文教高校は、中国語でSMAPの「世界に一つだけの花」を合唱します。さらに、自分で着付けた浴衣姿で民踊を披露します。達人学校もパフォーマンスやショーを繰り広げる計画です。ムッシュも文教生たちも、広島、いや日本を代表する覚悟で交流するつもりでいます。出発まで残り2週間ですが、練習に練習で、文教生の底力を発揮しましょう。

また、本校は故郷である平和都市ヒロシマを英語でプレゼンする「文教ピースプロジェクト」を行います。生徒会やESSを中心に、半年がかりで取材やシナリオづくりなどに力を注いできました。広島平和公園や原爆ドーム、宮島など世界遺産で、外国人に英語でインタビューも行いました。「英語の文教」をお披露目する素晴らしい機会です。文教生は、持てる力を全て発揮して、ヒロシマの高校生として、台湾の高校生にヒロシマの現状や平和の大切さを訴えてくれると、ムッシュは信じています。

台湾修学旅行中は、カナダホームステイでも保護者の方々からご好評頂いたので、「ムッシュ吉村の台湾プチガイド」と題したコラムをはじめ、文教生の活躍や活動を随時、ホームページでたくさんの写真とともに発信していきたいと意気込んでいます。保護者のみなさま、在校生のみなさん、楽しみにしていてくださいね。

2019台湾修学旅行行程表9.24版_page-0001.jpgIMG_3068.jpgIMG_3069.jpgIMG_3070.jpgIMG_3071.jpgIMG_3072.jpg

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.