広島文教女子大学附属高等学校 オフィシャルブログ

ムッシュ吉村のカナダプチガイド⑥

バンクーバーの車事情について

カナダ国産の乗用車はありません。そのため、バンクーバーで見かける車はトヨタ、ホンダ、マツダ...と日本車が目立ちます。タクシーのほとんどはトヨタのハイブリッド車です。燃費が良い事が人気の理由です。また、タクシー運転手の多くがインド人であるそうです。カナダは、産油国ですが、多くをアメリカ合衆国から輸入しているため、ガソリンが高いそうです。わざわざ国境を越えてアメリカまで給油する人も珍しくないそうです。

バンクーバーでポルシェやベンツなど高級車をよく見かけますが、その運転手の多くが中国人です。中国人の富裕層がバンクーバーの経済をけん引していると言っても過言ではありません。バンクーバーは土地バブルだと、ここ数年言われています。オーシャンビューやベイビューの超高級マンションは数億円から10億円を超える物件も珍しくなく、これらにも中国人富裕層や投資家が関わっているそうです。確かに、バンクーバーの好景気を支えてくれているのも中国人富裕層ですが、投資目的の中国人の動きで土地が高騰し、カナダの地元民は手が出せない状況が生まれています。バンクーバー市街地から車で一時間以上離れたエリアでも、一戸建てを手に入れるためには、最低でも1億円程度が必要だと言われています。

世界の都市で住みたいランキング上位のバンクーバーですが、現実的に土地や家を手に入れるのは夢のまた夢のようですね。

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.