⼤学機関別認証評価について

JIHEE

平成16(2004)年4月1日からすべての大学、短期大学及び高等専門学校は、その教育研究水準の向上に資するため、教育研究、組織運営及び施設設備等の総合的な状況に関し、政令で定める期間(7年以内)ごとに、文部科学大臣が認証する評価機関(以下「認証評価機関」という)の実施する評価を受けることが学校教育法第109条第2項において義務付けられました。

―公益財団法人日本高等教育評価機構「大学機関別認証評価実施大綱」より抜粋―

本学は、公益財団法人日本高等教育評価機構による大学機関別認証評価を平成18年度、平成24年度に続き、令和元年度に3回目の受審し、今回も令和2年3月12日付で、「広島文教大学は、日本高等教育評価機構が定める大学評価基準に適合していると認定する。」旨判定されました。

『令和元年度大学機関別認証評価報告書』においては、「保育を学ぶ学生を対象に、公務員採用試験、就職活動での取組み及び実技試験等について4年次生が後輩に伝える『顔晴り(がんばり)の会』をはじめとした教員採用試験等の就職活動に向けた取組みについては評価できる。」また、「常任監事が毎年度作成する『監事監査報告書』の内容は体系的に整理され、関係資料を添付するとともに、細部まで的確に記載し監査の結果として総括していることは、評価できる。」等が優れた点として挙げられています。
評価結果は、公益財団法人日本高等教育評価機構のホームページにおいて公表されています。

本学は、今後も今回の評価を真摯に受け止め、更なる教育研究活動の充実、発展に取り組んでまいります。

公益財団法人日本高等教育評価機構ホームページへ

令和元年度 大学機関別認証評価 評価報告書