お知らせ

  • News&Topics詳細
  • >
  • TOP

最新情報

2014年12月17日
インフルエンザの流行にともなう学期末の日程等の変更の臨時的措置について

 年の瀬も近くなり,何かとあわただしさを感じさせる時期となりましたが,保護者の皆さまにおかれましてはますますご清栄のこととお喜び申しあげます。また,本日は大雪となり,生徒や保護者の皆さまも登校や通勤に支障が出て大変だったことと存じます。
 さて,みだしのことについてお願いいたします。
 マスコミでも報道されているように,全国でインフルエンザが猛威をふるいつつあり,学級閉鎖に追い込まれている学校も出つつあります。
 また,本校でも,生徒にも教職員の中にも罹患しているものがかなり出始めています。
 このような現状を鑑み,感染をこれ以上拡大することを防止するためにも,次のような措置を取らせていただきたいと存じます。生徒・保護者の皆さまに多大なご迷惑をおかけしますが,事情をご賢察のうえ,なにとぞご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。


1.日程の変更について
 (1)本日の対応について
    授業を午前中の4校時で打ち切り,下校させます。
    クラブ活動をする生徒は顧問の指導のもと,17時00分までの活動を認めます。
 (2)明日以降の対応について
  ア.12月18日・19日の日程について
    18日・19日とも午前中の1校時~4校時の授業とします。
    (日程の詳細は生徒を通じて連絡します)
  イ.12月20日の日程について
    予定どおり終業式を実施します。
  (午前中 授業はなし  日程の詳細は生徒を通じて連絡いたします)
 (3)センター対策・一般入試対策特別授業の受講者について
   インフルエンザへの感染を最大限に防止するため,18日・19日の両日は家庭学習といたします。この2日間に予定していた学習は課題等とし,その事後指導は1月に行います。
2.その他のこの期間の臨時的措置について
 (1)教職員は感染防止のため(特に生徒に対して)マスクを着用いたします。
  (2)保護者懇談は予定どおり行います。(マスクを着用していることをご了承ください)
 (3)クラブ活動は,17時00分までの終了を目安として実施することを認めます。
 (4)BLC(Bunkyo Learning Club)は行いません。 

  • 広島文教女子大学
  • 広島文教女子大学附属図書館
  • 広島文教女子大学附属幼稚園