広島文教大学附属高等学校 オフィシャルブログ

ムッシュ吉村のそこ知り㊿夏休みに河合塾出前授業

ムッシュ吉村のそこ知り㊿夏休みに河合塾出前授業

 新型コロナウイルスの影響による授業の遅れを挽回するため、広島文教高校は今年、夏休みを一部短縮して、授業を行います。受験戦争真っ只中の3年生にとって、夏休みの貴重な時間は、例年に増して、「勝負の夏」であり、「天王山」であります。文教高校では、これらの3年生たちをサポートするため、大手予備校河合塾と連携して、本校で「出前授業」を実施します。河合塾のカリスマ講師が文教高校にやって来て、文教生に熱血指導していただけますよ。

 河合塾講師による出前授業は、PTAなどの全面的な支援を受けて実現しました。河合塾で受講すると、1講座につき17,600円の講座料が必要ですが、なんと文教生は講座料が無料で出前授業を受講できます。講座の内容は、大学入試共通テスト対策の英語と現代文です。内容は河合塾広島校で受講する内容とまったく同じ。それが本校の出前授業ではPTAなどのおかげで、講座料が要りません。ムッシュは思います。学校とPTAの協力態勢がガッチリしているからこそだと思います。本当に文教生は幸せです。

 PTAとの協力態勢と言えば、河合塾の出前授業だけではありません。サッカー部や弓道部、和太鼓部、吹奏楽部など全国大会などに遠征する際も、物心ともに温かい援助をしていただけます。文教祭(文化祭)や体育祭でも、生徒たちを盛り上げようと、模擬店を出したり、警備や駐車場係なども担っていただけます。このたびのコロナ対策でも、手作りマスクを寄贈いただいたり、除菌グッズを提供していただいております。文教生が生き生きと活躍できる背景には、PTAの存在が欠かせません。校長先生をはじめ教職員一同、心より感謝しております。

 文教高校の名物にもなっている河合塾の出前授業。新入生の中には「学校で河合塾の授業を受けられるのが最高」などと文教の手厚い指導体制に共感して入学したという生徒もいます。出前授業は3年前から導入し、受講した生徒たちは着実に成果を挙げています。今年は英語に加え、受験に勝ち抜く読解力を身に付けるため「現代文」の講座を行います。共通テストは全教科において、読解力が求められます。センター試験に比べて、どの教科でも、共通テストでは問題を読む際に読解力がより必要になっていると言われています。

 文教生の夢や希望を叶えるため、広島文教高校では、生徒のニーズに応じて、あの手この手で対策を打ちます。もちろん、河合塾の出前授業だけではありません。文教高校には、放課後を活用し、「文教塾」と称して20以上の受験対策講座や英検対策講座などがあります。本校の受験指導のベテラン教師たちが一致団結して文教生をサポートする態勢も万全です。「文教生のためになる事は最大限に取り組む」というのが文教のモットーです。この熱い思いと心意気は、教職員だけでなく、PTAや保護者の皆さん、同窓生の方々とも共有できています。ムッシュは太鼓判を押します。

あ.jpgい.jpg

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.