広島文教大学附属高等学校 オフィシャルブログ

おうち時間の過ごし方⑱大学合格へ一直線の勉強法(今岡先生)

 選抜学科長をしております今岡範哲です。今日は,大学入試を一般入試で受験する生徒に対してメッセージを書きます。

一般入試で受験する高校3年生は,受験までの限られた時間の使い方が合否を分けます。本格的に登校が始まる前の「5月後半の残り2週間の過ごし方」は,とても重要です。オンライン授業の受講はもちろんのこと,それにプラスして自分の受験勉強をどれだけ進めることができるかということがポイントになります。

特におすすめしたい勉強は,「①教科書を一通り勉強する」ことと「②問題演習を積む」ことです。すなわち, 「理系なら,数学,理科,公民」 「文系なら,古文漢文,理科基礎,地歴,公民」 の教科書の学習が一通り終わる時期が早ければ早いほど,合格の可能性が高まります。

教科書が一通り頭の中に入っていれば,安心感が持てます。共通テストの問題や大学の個別学力検査の問題を解いていて,分からないことがあれば,勉強した教科書に戻ればよいのです。

オンライン授業中の今は,休憩時間や昼休みなどの隙間時間や放課後の時間に,暇を見つけては,「受験に必要な教科書を徹底的に読み込んでいく」。まずは知識の基礎を,土台を作ってから,入試問題演習に入ることが重要なのです。

その時のキーワードは,「自学」です。「自学」とは,人に教えてもらうのではなく,自分で勉強することですね。「自学こそが大学入試において最も大切な勉強法」なのです。

「学校の授業ペースより早く予習をしておく。学校の授業は復習として使う」というくらいの気持ちが必要です。「教科書終了時期を早めることを意識」し,「自学」で,「スピードをつけて,教科書の内容を頭の中に徹底的に叩き込む勉強」に積極的に取り組みましょう。

ただし,教科書を読むだけでは本当にわかっているかどうか判断できません。「大学入試レベルの問題演習」が必要です。演習をするためには教材が必要ですね。

学校で購入した副教材のほかに,本校HPの「休校中課題」の中にある「文教塾」には,英語,国語,数学の共通テスト対策の演習問題があります。

皆さんの先輩方のこれまでの受験結果を見ると,大学入試に直結する問題演習をしっかりできた生徒ほど合格しています。良質な問題を使って,問題演習量を増やすことで確実に合格に近づきます。今後も「文教塾」教材として質の高い問題をどんどん入れていきますので,しっかり活用してください。

大学入試に向かうにあたり,皆さんには不安がたくさんありますね。一番の不安は,「合格できるのだろうか」,「受験勉強を乗り切ることができるのだろうか」ということですね。 みんな不安があるし,自信がないものです。 「どうすれば自信が持てるのでしょうか。」

次のことを意識することで少しずつ自信がつきます。

①無駄を最大限に省いている

「これまで遊んどった,携帯電話ばっかりいじっとった時間は全て受験勉強にあてているのだから,自信を持っていこう!」

②最大限の努力を継続している

「毎日10時間以上勉強を継続しているのだから,自信を持っていこう!」 「みんなも勉強しとると思うけど,私は自分にできることをこれ以上ないくらいにやっているのだから,自信を持っていこう!」

③模擬試験でよい判定が出ている

「今はE判定ばっかりじゃけど,前向きに勉強を続けて,高3になって初めてD判定が出たのだから,自信をもって頑張ろう!」

④気持ちが落ち着いている

「毎日,焦らず,コツコツ,やるべき勉強を継続しているのだから,自信を持っていこう!」

⑤学校の授業を最大限に活用している

「授業の予習を完璧に済ませた。授業を最大限に活かす準備ができとる。」「家での問題演習は絶対にやる!自信を持って授業を受けよう!」

⑥勉強の優先順位がはっきり分かっている

「数学Ⅲの教科書を進めるか。日本史の教科書を読み込もう。読んだらすぐに問題演習だ。」

⑦体調管理ができている

「登校がないときも,毎日規則正しい生活をしている。勉強時間も毎日同じ時間とれている」 「食事時間,起床時間,睡眠時間が安定しているから体調がいいな」 「大学を受験する時間は朝からだから,これから受験まで早起きしよう。夜更かしは危険。朝に頭がはっきりしている状態の継続が大事だな」

自分の努力次第,意識次第で自信が持てますね。5月の残り2週間,自分に自信をつけるために頑張りましょう!!

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.