広島文教大学附属高等学校 オフィシャルブログ

5教科100%オンライン授業

 新型コロナウイルスが世界中に猛威を振るい、首相の要請により教育は3月から停滞をしています。広島文教高校は、生徒や教職員一人一人がiPadを所持しています。このピンチを脱するために、オンライン授業をいち早く取り入れています。

 広島文教高校の強みは、本校の教員全員が双方向のオンライン授業実施できるということです。オンライン授業実施するために、4月に入り何度も研修を重ねてきました。ICT技術が得意、不得意は関係なく互いに教えあったり、教員が生徒役と教員役に分かれて研修をしたりと研修を重ねてきました。

また、4月末に試験的にオンライン授業を行った際、デジタルネイティブの生徒たちはこの手のアプリの操作に慣れているのか、操作方法が分からない教員に教え、教員と生徒の立場が逆転する場面なども見受けられました。これは教員と生徒が良い意味で距離が近いからできたことだと思います。この距離感の近さも本校の強みの一つだと言えるでしょう。

さて、5月12日からは2・3年生のほとんどの教科・科目においてオンライン授業を本格始動させました。特に国語・数学・社会・理科・英語の5教科では100%オンライン授業を展開しています。生徒からは、「教室の一番前の席で授業を聴いているようで引き締まる」、「教室よりも集中して授業を受けることができるから、勉強が捗る」という声もありました。

広島文教高校は「コロナに負けるな!」を合言葉に、「ICTの文教」をますます加速させていきます。

次のリンクにオンライン授業の様子を動画でまとめています。

https://youtu.be/W9OpG3DtTD4

(ICT教育推進委員長 横山 洸貴)

IMG_1195.jpgIMG_1199.jpgIMG_1201.jpgIMG_1205.jpgIMG_1213.jpgIMG_1216.jpgIMG_1221.jpgIMG_1225.jpgIMG_1228.jpg

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.