広島文教大学附属高等学校 オフィシャルブログ

ムッシュ吉村の台湾プチガイド⑤あす出発。7時30分広島駅集合

 広島文教高校は明日の11月6日、台湾修学旅行に出発します。午前7時30分に集合し、出発式があります。「5分前集合」を心掛けましょう。

約1時間、新幹線に乗って博多へ。福岡空港から2時間ちょっとで台湾・桃園国際空港に到着します。1日目の観光は、一糸乱れぬ衛兵の行進が必見の忠烈祠と、膨大な数の至宝が眠る中国文明の宝庫、国立故宮博物院です。

忠烈祠は、かつて日本の護国神社があった場所に建てられました。辛亥革命や抗日戦線などで命を落とした国軍軍人の英霊を祀っています。衛兵の交代式は、機械仕掛けのような動きで観光客に人気が高いです。勇ましい儀伏兵は身長178㎝以上など身体容姿に優れ、兵役時の軍からの推薦、厳しい訓練などを経たエリート集団です。軍服は陸軍が深緑、空軍が紺、海軍は白(冬は黒)。守衛は40分も直立不動で立ち続けなければならない厳しい仕事です。

国立故宮博物院は、歴代皇帝が継承した華麗なる秘宝が集結しています。台北市内の北部の山沿いで、宮殿のような建築美を誇る巨大な博物館です。広大な館内には、数千年にわたる中国美術の粋が集められ、年代やジャンルごとに整理されて展示されています。じっくり見て回ると、1日が過ぎてしまうほど見応えがあります。

ヒスイ色が美しい故宮の代表的人気宝物の翠玉白菜と、豚の角煮にそっくりな驚きの天然石の肉形石は必見で、いつも長い列ができていますよ。その他、磁器、陶器、礼器、書、絵画などなどの秘宝コレクション。世界四大博物館にも名を連ね、中国美術コレクションは世界でもトップクラスです。ムッシュ思うに、展示を見ながら、中国文明の変遷をたどっていけますよ。

さあ、お待ちかねの夕食です。台北で一二を争う名店、金品茶楼で、小籠包などに舌鼓を打ちますよ。料理長は名店「鼎泰豊」で長年経験を積み、アメリカや日本でも技術指導した実力派です。ムッシュはこのお店がお気に入りで、台湾ナンバー1だと思ってますよ。この店のチャーハンも絶品です。

1日目は早起きして新幹線、飛行機、貸切バスと乗り物を乗り継ぎ、超ハードスケジュールです。ベッドに入ったら、みんな爆睡でしょう。台湾修学旅行をおもいっきり楽しむには、安全と健康が欠かせません。そのため、出発前日の今日5日はお休みにしています。体調管理に気をつけて、興奮して眠られないかもしれませんが、睡眠は大事です。早めに床について、横になるようにしましょう。

①忠烈祠1.jpg①忠烈祠2.jpg①忠烈祠3.jpg①忠烈祠4.jpg②故宮1.jpg②故宮2.jpg②故宮3.jpg②故宮4.jpg③金品1.jpg③金品2.jpg③金品3.jpg③金品4.jpg

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.