広島文教大学附属高等学校 オフィシャルブログ

文教高校で始業式・交換留学生歓迎式

広島文教高校は8月26日、始業式と交換留学生歓迎式を行いました。比較的清々しい晴天の下、ほぼ全校生徒全員がそろって、2学期をスタートすることができました。

 始業式では、河田敦之校長先生が「勉強の秋、読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋などなどいろいろと形容されるほど、一年でも最も活動しやすい季節です。好適な気候のもと、さまざまな活動にチャレンジし、自らの成長につなげたいものですね」と激励しました。続いて、和太鼓部と放送部の表彰があり、全校生徒で栄誉を称えました。

 交換留学生の歓迎式では、河田校長先生が、アメリカ・ミネソタ州ミネアポリス出身の交換留学生エヴリンさん(18)を紹介。平野歩実生徒会長が、英語で「学校行事を通して、留学生と高校生活を満喫したいです」と呼び掛けました。アメリカ人のエヴリンさんは、独学で学んだという日本語で「趣味は音楽と読書。両親は弁護士です。ニッポン大好きです。よろしくお願いします」とあいさつ。さらに、お得意のギターを演奏し、自己アピールしていました。

 エヴリンさんは2年A組で1年間、文教生として日本語や日本文化などを学びます。「ひらがなやカタカナは読める」というエヴリンさん。「お茶やお華など日本文化にたくさん触れたい。日本人は親切ですね」とにっこり。エヴリンさんはホームステイしながら、部活動などにもチャレンジします。

 交換留学は広島城南ロータリークラブの主催で、本校からは2年A組の松本莉音さんが1年間、ホームステイをしながら、アメリカの高校で英語などを学びます。松本さんは8月26日に米国に向け出発する予定です。

a.jpgb.jpgc.jpgd.jpge.jpgf.jpgg.jpgh.jpgi.jpgj.jpgk.jpgl.jpg

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.