広島文教女子大学附属高等学校 オフィシャルブログ

ムッシュ吉村のそこ知り㉖ 台湾の高校交流、準備着々

㉖台湾の高校交流、準備着々

11月に実施する台湾修学旅行で、台北市の進学校「天主教達人女子高級中学校」との交流事業の準備が着々と進んでいます。歓迎レセプションでは、分単位で内容が詰められています。校長先生や生徒会長の英語での挨拶、記念品交換のほか、中国語での歌の披露や、自分で着付けた浴衣姿での民踊などがあります。本校側のメインイベントの一つ、ピースプロジェクトもあり、ふるさと平和都市ヒロシマの魅力を、台湾の高校生に発信します。

台湾の天主教達人女子高級中学校とは将来的に姉妹校縁組を締結する予定です。同校は台北市の中でも、指折りの私立の進学校で、中高一貫の女子校です。日本の学校では、姉妹校縁組は文教高校が初めてとなるそうです。大阪の台湾領事館(台北駐大阪経済文化弁事処)が仲介の労を取ってくださっています。ムッシュは、同領事館の羅 國隆文化教育課長と連絡を取り合い、素晴らしい信頼関係を築かせていただいていますよ。

天主教達人女子高級中学校側の窓口は、新婚ホヤホヤの徐先生です。本校の紙屋先生がメールで英語のやり取りをしています。ピースプロジェクトを含む交流事業全体を、国際交流委員長の今岡先生が責任者として尽力してくれています。しおりの作成や学年での話し合い、担任の先生との連絡調整など、生徒のみなさんに直接関わるような事は、2学年主任の岡室先生が担っています。ムッシュは台湾修学旅行全体を統括しています。

今岡先生をはじめ、北村先生や萩尾先生、横山先生らには、海外修学旅行での危機管理や現地情報などについて事前研修やセミナーに参加してもらっています。また、ムッシュは今岡先生と、領事館や旅行代理店の近畿日本ツーリスト、観光協会などと連携を深めています。修学旅行で一番大事なのは、生徒の安全です。安心・安全に勝るものはありません。安全とは、事件・事故などトラブルに遭遇しない事はもちろん、アレルギーなどを含む健康管理も重要です。旅行の楽しみの一つ、食事についても、近ツリさんと、入念にチェックして安全で美味しいものを厳選しています。文教生の安心・安全のために、教職員は全力で取り組んでいます。

あ.jpgい.jpgう.jpgえ.jpgお.jpgか.jpgき.jpgく.jpgけ.jpgこ.jpgさ.jpgし.jpgす.jpgせ.jpgそ.jpgた.jpgち.jpg

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.