広島文教大学附属高等学校 オフィシャルブログ

ムッシュ吉村のそこ知り㉑ 無心になれる料理教室

㉑ 無心になれる料理教室

お盆休みを利用して、久しぶりに近所の「料理教室」に参加しました。仕事にかまけて当分ご無沙汰だった料理教室。夏休みという事もあって、小中高校生の姿もあり大賑わいでした。今日のメニューは、夏のど定番「カレーと手作りナン」。家ではできないと諦めていた本格インドカレーがムッシュでも手軽にできました。無心になれる夏のひと時でした。

オリーブオイルにハマるとオリーブオイルソムリエの資格取得、宅地や建物の事が気になると宅建資格に挑戦、保険の事が気になると生命保険や自動車保険の資格を取るほど、数年前、ムッシュは資格マニアでありました。料理教室もリタイア後、お店でも出したいなあと思った瞬間、ライセンスを取ろうと始めました。不思議なもので、資格取得を目標にすると、長続きして、初志貫徹できたんです。今では、文教の事が大好きで、文教高校が楽しくて、「文教生のために」が頭から離れないので、資格どころではありません。

料理教室に通うムッシュに対して、家族は「少しは習った成果を食べさせてよ」とリクエストしてきますが、未だ習ったレシピを家で作ったことはありません。ムッシュの資格好きも家族にはただの迷惑かもしれませんね。ところで、自他ともに「フェミニスト」と認める本校の河田校長先生。週に1回は奥さまのために夕食を作っているそうです。料理が趣味ということもあるそうですが、「若い頃、家庭を顧みず仕事、仕事だった罪滅ぼし」と校長先生は照れ臭そうに話されます。なかなかできないことだと感心しっぱなしですが、ムッシュの奥さんには内緒にしています。

こんなムッシュですが、校長先生に見習って最近するようになった事があります。毎朝、朝シャン後、洗濯機を回して、必ず洗濯物を干して、学校に行くようにしています。共働きの我が家。妻は「朝は時間がないので助かる」と大喜びです。世のお父さん方、奥さんに感謝の言葉はなかなか掛けられないものです。もちろんムッシュも照れ臭いです。「もう十分やってるよ」と言う方も多いと思いますが、ムッシュと同じようにまだの方は、ちょっとした事でも構わないと思います。感謝の気持ちを込めて(言葉に出さなくてもOKです)、家族のために出来る事をやってみることが大事だと思います。ゴミ出しでも、庭の水やりでも、掃除でも、布団干しでも、感謝の気持ちを、態度で表す事はいいもんですよ‼️

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.