広島文教女子大学附属高等学校 オフィシャルブログ

2015年7月アーカイブ

平成27年7月28日(火)に広島市消防局の主催する普通救命講習会が安佐北消防署で開催され、バレーボール部と保健委員会の希望者25名が参加しました。まずはじめに、救命処置の大切さやAEDの使い方についてのDVDを視聴しました。その後、班ごとに分かれ、心肺蘇生の方法やAEDの使用方法について人形を使って講習を受けました。

生徒からは、「心臓マッサージでは思った以上に強く体を押さなくてはいけないので大変だった」「人工呼吸はうまく吹きこみができず難しかった」などの感想がありました。

その他にも、のどに物が詰まったときの取り除き方や、止血方法などの応急処置も教えていただきました。

講習終了後には、受講者全員に「普通救命講習修了証」が交付され、生徒たちは嬉しそうにカードを見ていました。

今回の講習会で学んだことをしっかり身につけ、いざというときに積極的に応急処置、救命処置をしてくれればと思います。

救命①.jpg 救命②.jpg 救命③.jpg

放送部は7月21日から23日までの3日間、東京で行われた第62回NHK杯高校放送コンテストの全国大会に出場しました。

この大会では、各都道府県の代表が、準々決勝→準決勝→決勝と少しずつ絞り込まれ、各部門で優勝を目指して競い合います。決勝は、紅白歌合戦が行われ、放送部員の憧れの場であるNHKホールで行われました。

本校放送部は、朗読部門とテレビドキュメント部門で出場しました。朗読部門は、惜しくも準決勝に進むことはできませんでしたが、2年生の浅野未優さんが情感豊かに語りました。テレビドキュメント部門は、準決勝(ベスト40)に駒を進め、入選(ベスト20)に選ばれました。部員たちは、初めて作った番組の入賞に、歓声を上げて喜んでいました。

NHK①.jpg

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.