2016年9月14日
コンピュータープログラムを利用した英語学習の成果

The BECC directors Jack Bower and Arthur Rutson-Griffiths recently had an article published in the international journal Computer Assisted Language Learning. The article analyses data from the first year of a two-year project in which students in the Bunkyo Global Communication Department studied a TOEIC word list using the Cooori language learning system. The results show that students who studied more with Cooori over one year tended to get better TOEIC score gains. The article can be found here, or you'd like a copy of the article please email Jack Bower at jbower@h-bunkyo.ac.jp or Arthur Rutson-Griffiths at arutson@h-bunkyo.ac.jp.                                                                                                                       

BECC(Bunkyo English Communication Center)ディレクターの Jack Bower先生とArthur Rutson-Griffith先生の論文が、国際的な研究雑誌 Computer Assisted Language Learning(コンピューターを使った言語学習に掲載されました。

内容は、本学グローバルコミュニケーション学科の学生がCooori(コーリ)の言語学習システムを利用してTOEICの語彙を勉強する2年間のプロジェクトのうち、1年目のデータを分析したものです。結果では、より頻繁にCoooriを利用して勉強した学生のほうがTOEICでより得点をしていることが分かります。

掲載論文はこちらでご確認ください。また、掲載論文のコピーをご要望の際にはJack Bower(メールアドレス:jbower@h-bunkyo.ac.jp もしくはArthur Rutson-Griffiths(メールアドレス:arutson@h-bunkyo.ac.jp までメールにてお知らせください。

  • 広島文教女子大学附属図書館
  • 広島文教女子大学附属高等学校
  • 広島文教女子大学附属幼稚園

〒731-0295
広島市安佐北区可部東一丁目2番1号
TEL.082-814-3191(代)  FAX.082-815-6801

Copyright© Hiroshima Bunkyo Women's University. All Rights Reserved.