2016年3月17日
広島市民賞の授賞者 金子さんに聞きました

金子室長02.jpg

 ついに本学から、広島市民賞の授賞者が出ました! 同賞は、"市民に夢と希望と安らぎを与え、元気な広島、住みよい広島をつくるために寄与した人"に与えられるものです。

 金子留里さん(地域連携室長)が本年度の授賞者のうちの一人で、この17日に市役所の市長公室で表彰されました。さっそくインタビューしました。

金子室長01.jpg

Q おめでとうございます。

  金子さんと言えば長らく子育て支援の活動をされてきたことが有名ですが、それが授賞理由ですよね。

A ありがとうございます。

  もともと、この分野に興味がありました。

  平成2年に「子育てサークルわんぱくクラブ」の代表をしたことに始まり、そのあと徐々に活動の幅を広げていったんです。

  子育て支援といっても、様々な種類があります。

  子育てオープンスペース活動、子育て情報発信活動、子育てネットワーク活動‥。

  その他、公民館や行政関係各所との連携などもあって、幅が広いです。

  現在までこつこつと努力はしてきたつもりなので、それが認めていただけたのだと受けとめています。

Q 今後、本学の地域連携室長としてのお仕事に、さらに力が入りますね。

A 関係の皆様に感謝いたします。

  本学では特に学生のボランティア活動の窓口役・応援役もしていますので、より支援に力を入れていきます。

  これまでに培った人脈や経験も生かし、あまりボランティアに関わったことがない学生にも、どんどん働きかけます。

  「ボランティアって難しいことじゃないんだよ。私のように、できることを少しずつ続けていけばいいんだよ。」

  そんなメッセージを伝えていきます!

 さすが金子さんです。知らず知らずのうちに、私たちが話しやすい雰囲気をつくられ、思わず「自分も、ボランティアをしてみようかな。」という気になりました。この度は、本当におめでとうございました。これからも益々のご活躍を!

集合写真01.jpg

  • 広島文教女子大学附属図書館
  • 広島文教女子大学附属高等学校
  • 広島文教女子大学附属幼稚園

〒731-0295
広島市安佐北区可部東一丁目2番1号
TEL.082-814-3191(代)  FAX.082-815-6801

Copyright© Hiroshima Bunkyo Women's University. All Rights Reserved.