• 心理の「今日の出来事」
  • >
  • TOP

初教の「今日の出来事」
  • 平成28年度卒業式が行われました

    20170320_02.jpg春分の日の3月20日(月)、卒業式が行われました。

    大学全体での卒業式のあと、心理学科でも卒業生一人ひとりに学科長から卒業証書が授与されました。 例年にも増して個性的なメンバーのそろった学年でしたが、みなさん無事に卒業を迎えることができ、感慨ひとしおでした。

    20170320_01.jpg

    また、大学院(人間科学研究科教育学専攻)でも授与式が行われました。臨床心理学コースの修了生は、心理専門職としてのスタートですね。ことし秋の臨床心理士資格試験に向けた準備も本格化させてほしいところです。

    文教で学んだことや出会った人びとを糧にして、みなさんがそれぞれの場で活躍されることを教員一同お祈りしています。

    「お互いさま」「おかげさま」の心もどうぞ大切に。

    ご卒業・ご修了おめでとうございます。

    20170320_04.JPG

  • 4年間の集大成!卒業研究発表会が行われました

    先日、心理学科の4年生が取り組んだ「卒業研究」の発表会が行われました。これまで学んできたことの集大成として、各自が興味・関心を抱いたテーマを追求し、ゼミでの議論や指導を受けながら完成させたものです。

    20170306_1.JPG20170306_2.JPG

    当日は研究の内容を1枚のポスターにまとめて発表し、先生方や後輩たちも参加して、活発な議論が交わされました。大学院へ進学する人はもちろんですが、卒業研究を通して培われた「調査する」「分析する」「説明する」といったスキルは、各方面に就職する人にも大切にしてもらいたいと願っています。

    20170306_3.JPG

    20170306_4.JPG

  • クリスマス・ゼミで盛り上がりました!

    植田ゼミでは、今年最後のゼミで3・4年生合同のクリスマス会をしました。近くにとてもおいしいケーキ屋さんがあり、毎年ゼミの学生たちが楽しみにしている恒例行事です。

    いつもは分かれてゼミをしていますが、せっかく同じゼミに参加している学生たちですから、定期的に交流しています。

    4年生はすでに全員就職も内定し、卒論もほぼ(?)完成していますので余裕の表情。

    3年生は今からいよいよ就活が始まるとあって、和気あいあいと盛り上がる中にも、就活のことや卒論のことなど、盛んに4年生に問いかけていました。

    実体験に基づくアドバイスは、とても貴重で効果的な動機づけになることでしょう。

    20161226.JPG

  • 『エスキーテニス』体験会を実施しました!!

    みなさんはエスキーテニスをご存じでしょうか。「テニス、卓球、バドミントンを足して3で割ったような」スポーツで、全国的にはまだまだマイナーなのですが、広島では70年近い歴史のあるご当地スポーツなのです。

    このたび、広島県エスキーテニス連盟のご協力をいただき、学内で2回の体験会を実施しました。

    1回目は心理学科の学生たちを中心に12名が参加し(もちろん全員が「初エスキー」!)、サーブやレシーブ、アタックなどの技術練習と、ゲーム形式の練習で楽しく汗を流しました。

    20161204_01.jpg

    2回目は、子育て支援ボランティアグループ「ぶんこ広場」での開催となりました。広場に来られた保護者のみなさんにも楽しんでいただきました。

    当日の様子は、ぶんこ広場のブログエスキーテニス連盟のサイトでもご覧になれます。楽しい機会をいただき、ありがとうございました。

    20161204_02.jpg

  • プレスチューデントデー、心理学科イベント開催!!

     去る12月18日(日)に、AO入試、推薦入試で合格した高校生を対象に、プレスチューデントデーが開催されました。午前中の全体会、学科別のランチタイムを終えて、心理学科の中心教室であるサイコラボにて学科イベントを行いました。

     学科長による挨拶と学科紹介の後、「それ行け!心理学!!~こんなところに自尊心~」と題して、4年生が一年間かけて「対人サポート演習」という授業で企画・準備してきた一般の方向けの心理学公開講座を体験してもらいました。

     その後は、休憩をかねてお茶とお菓子でお喋りタイムとなりました。大学での授業やクラブ、アルバイトなどについて先輩や先生方に直接聞き、アドバイスをもらいながら、大学生活をイメージしました。和気あいあいとしていろんな話ができました。

    20161226_2.jpg20161226_4.jpg

     最後に、心理学の学びがどのようなものかを実際に体験するとともに、それに必要な学びのスキルを少しでも身に着けていただくための入学前課題を提示しました。

     多くの入学予定者が参加し、また興味深く楽しい4年生のプレゼンで、笑いの多い学科イベントとなりました。

    4月にまたお会いして、活気ある心理学科の中で多くを学び、本学科をより盛り立ててくれることを楽しみにしています。

  • 第10回NPプログラム終了報告!

    10月12日から毎週水曜日の計8回に渡って行われたノーバディズ パーフェクト プログラム(以下、NPプログラム)が、12月7日に無事終了いたしました。

    最初の頃はお母さんと離れるのが寂しくて泣いていた子どもたちも、回を重ねるごとに、担当の学生やお友達たちと楽しく遊ぶようになっていきました。
    わずか二か月の間でも、子どもたちの成長は著しく、その成長に寄り添っていくことで、学生も成長していきました。学生たちにとってとても貴重な経験を得ることができましたものと思います。

    最後になりましたが、ご参加いただいたご家族の皆様と毎回このプログラムを支えていただいております外部スタッフの方々に心より感謝申し上げます。

    そして託児学生のみなさん、長期の活動お疲れ様でした!

    20161207_01.JPG20161207_04.JPG20161207_03.JPG20161207_02.jpg

  • H28年『就活駅伝』を開催しました

    心理学科では,11月25日(金)16:30から「就活駅伝」を行いました。「就活駅伝」とは,就職先や進学先を決定した4年生が,今後就職活動や大学院等の進学準備を行う後輩に向けて体験談やメッセージを伝えていく,心理学科で毎年行っているキャリア支援の取り組みの一つです。

    心理学科の卒業生は,一般企業や福祉施設などに就職したり,臨床心理士を目指して大学院に進学したり,様々な進路に進んでいきます。このイベントは,内定の決まった先輩たちが、自分の就職活動の体験を後輩にタスキを繋ぐように、伝えて行くことから、この呼び名となりました。

    今回参加してくれた4年生も,後輩のために自分の体験談だけでなく,経験をもとにこれから就職活動に取り組む上でのアドバイスなどを話してくれました。これから就職活動を本格的に進めていく3年生にとってはとても有意義な時間となったようです。

    今回の機会が学生たちの就職活動を取り組む上での一助となることを祈っています。

    20161125_01.JPG20161125_04.JPG20161125_03.JPG20161125_02.JPG

  • タウンページ最新版に学生たちの編集記事が掲載!

    この12月より広島市内に配布されるNTTタウンページに、心理学科とグローバルコミュニケーション学科の学生たちが編集にかかわった記事が掲載されています。

    この記事は、昨年10月から約8カ月をかけて、NTTタウンページと地元タウン誌Winkのコラボで企画した、「母と娘に世代で楽しめるお出かけスポット」をテーマとした取材記事です。活動の一部は以前のブログでも紹介しています。

    実際の記事を企画、編集するという作業に、初体験の学生たちはずいぶん戸惑うこともあったようですが、タウンページ様のご指導のもとで、充実した学びの機会となりました。

    これを機会に、さらに実社会との接点を自ら求め、積極的にかかわってほしいと願っています。

    20161208_1.jpg

    Wink広島12月号に掲載された記事です

  • あなたは嘘を見抜けるか!? ~ 社会心理学演習

    社会心理学は人間関係の心理学、コミュニケーションの心理学とも言われています。嘘をつくことはよくないこととされていますが、日常のコミュニケーションにおいては、良くも悪くも私たちは嘘をついてしまうことがよくあります。

    今回の社会心理学演習では、人狼ゲームという、議論を通して誰が人狼かを見抜くカードゲームを行ったり、GSRという生理的変化を検知する機器を用いて、嘘をついたりリラックスしたりした時の自己の反応を自分で確認したりしながら、嘘をついたときにどこに変化が表れやすいかを体験的に学びました。

    嘘を見抜くって、テレビのように簡単にはいかないものですよね。

    20161207_1.jpg20161207_2.jpg

  • 『いのちの電話』の活動を学ぶ講座を開催しました

    心理学科の学生を中心に活動している自主ゼミ「にこにこ赤はなーズ」では、このたび『いのちの電話』(自殺予防のための電話相談サービス)の活動を学ぶための講座を企画・実施しました。

    20161114_01.JPG

    「『いのちの電話』を通じて繋がりの大切さを知ろう」と題した講座には、心理学科以外からも学生や大学院生が参加しました。講師には、『広島いのちの電話』で相談員の養成研修に携わっている臨床心理士の樋口啓子さんをお迎えして、電話相談のなりたちや現状、相談にあたって大切にしている「聴くこと」など、さまざまなお話をうかがいました。

    20161114_02.JPG

    参加した学生のみなさんからは、「自殺予防というと何だか重たいように感じていたけれど、身近な人の様子の変化に気づいて声をかける、といったことなら始められそう」「しんどい話を聴くので、相談員どうしが支えあう仕組みがあるのはとてもよいと思う」といった感想が聞かれました。

    20161114_03.JPG

  • 広島文教女子大学附属図書館
  • 広島文教女子大学附属高等学校
  • 広島文教女子大学附属幼稚園

〒731-0295
広島市安佐北区可部東一丁目2番1号
TEL.082-814-3191(代)  FAX.082-815-6801

Copyright© Hiroshima Bunkyo Women's University. All Rights Reserved.