• 心理の「今日の出来事」
  • >
  • TOP

初教の「今日の出来事」
  • スポーツデーで心理学科1年生堂々の3位!

    5/19は,本学恒例のスポーツデーがありました。

    各学科,学年でチームを作り,屋内ではソフトボールや長縄,屋外ではドッジボールの試合が行われました。

    天気にも恵まれ,心理学科の学生も試合に,応援にと盛り上がりました。

    残念ながら競技での入賞はなりませんでしたが,1年生は出席率で堂々3位!

    学内行事への積極的に参加していく姿勢はとても大切なことですので,今後も続けていってほしいと思います。

    みなさん、お疲れ様でした。

    来年は,競技で優勝しましょう!

    DSCN1448.JPG

    H30 (6).JPGDSCN1494.JPGDSCN1487.JPG

  • 授業風景①「心理学アカデミック・スキル演習」

    心理学科では、心理学の学びをスムーズに進めるための導入科目のひとつとして、1年前期に「心理学アカデミック・スキル演習」を置いています。

    5/17は,1回目のグループワークの発表でした。心理学科の学生が4年間で活用する学内の場所や施設をグループで調べて発表するものです。

    どのグループも,iPadやパソコンを使って,上手に発表をすることができていました。

    学生全員に卒業まで貸与されるiPadは、学修場面のみならず、これからの学生生活に大いに役立つものとなるでしょう。

    フル活用して、心理学の学びを存分に深めてください!!

    DSCN1428.JPGDSCN1411.JPG

    DSCN1405.JPGDSCN1419.JPG

  • オリエンテーションセミナー開催!

    4月7、8日は、一泊二日で本学にゆかりのある福山市「みろくの里」でオリエンテーションセミナーを行いました。

    初日は、全学でのイベントや遊園地で交流を深めました。

    あいにくの天気で雨が落ちる時間帯もありましたが、時間いっぱい満喫することができました。

    DSCN1350.JPGDSCN1348.JPG

    IMG_1803.JPGDSCN1363.JPG

    二日目は、学科に分かれてレクリエーションを行いました。サポーターを務めた2,3年生のおかげで、こちらも楽しく交流を深めることができました。

    入学して1週間。新しい環境のなか、ガイダンスやイベントで大変だったと思います。

    まだ、始まったばかりですので、今回のオリゼミでの親睦を活かして、少しずつ大学に慣れていけると良いですね。

    さて、来週からは、前期の授業がスタートです。

    DSCN1397.JPGDSCN1376.JPGDSCN1369.JPG

    2,3年生の皆さん、オリゼミの準備とお世話、大変ありがとうございました!

    DSCN1387.JPG

  • 平成30年度入学式が行われました

    4月3日に平成30年度入学式がおこなわれました。

    お天気にも恵まれ、本学に咲く桜もちょうど見ごろを迎えていました。

    さて、本年度は心理学科へ60名の1年生を迎えることになりました。

    新入生の皆さんには、学科内に、また様々な場所で、多く友人を作っていただきたいと思います。

    学科教員も、全力で皆さんの学びや学生生活をサポートしていきますので、気軽に声をかけてくださいね。

    H30心理集合写真.jpg

    DSCN0735.JPG

  • 『就活駅伝』を行いました

    心理学科では,卒業研究発表会に引き続いて「就活駅伝」を行いました。「就活駅伝」とは,就職先や進学先の決定した4年生が,これから就職活動や大学院等の進学準備が本格化する後輩たちに向けて体験談やメッセージを伝えていくというキャリア支援の取り組みの一つです。毎年1回実施しており,今年で6回目になりました。

    20180209_05.jpg

    心理学科の卒業生は,一般企業や福祉施設などに就職したり,公認心理師などの心理専門職を目指して大学院に進学したりと,さまざまな進路を選んでいます。このイベントは,内定の決まった先輩たちが,自らの就職活動の体験を後輩たちへとタスキをつなぐように伝えていくことから,こう呼ばれるようになったものです。

    20180209_06.jpg

    今回参加してくださった4年生のみなさんも,単なる体験談の紹介だけでなく,後輩たちの心配や疑問にも丁寧に応じてくれていたようでした。3年生以下のみなさんにとって,自らの進路をしっかりと考え,行動に移すための有意義な時間になりました。

    20180209_07.jpg

    なお,第1回の国家試験が今年の秋に実施されることになった公認心理師資格については,教員から試験や制度の最新情報を紹介しました。こちらも,大学院への進学を希望している学生たちにはタイムリーな機会だったようです。

  • 卒業研究発表会を行いました

    大学は少し早めの春休みに入りました。高校生のみなさんも、新しい学年までもうひと息ですね。

    このほど、心理学科では「卒業研究」の発表会を行いました。4年生全員がこれまで学んできたことの総仕上げとして、各自が興味・関心を抱いたテーマを追求し、ゼミでの議論や指導を受けて完成させたものです。

    20180209_01.jpg

    当日の会場となった図書館1階のラーニング・コモンズでは、4年生が研究の概要を1枚のポスターにまとめて発表し、先生方や後輩たちも参加して、研究内容に関する活発な議論が交わされました。4年生どうしの間では、これまでの苦労を互いにねぎらうような温かいコミュニケーションもあふれていたようです。

    20180209_02.jpg20180209_03.jpg

    公認心理師などの心理専門職をめざして大学院へ進学する人はもちろんですが、卒業研究を通して培われた「問いをたてる」「計画をたてて調べる」「データを科学的に分析する」「要点をわかりやすく説明する」といったスキルは、今後それぞれの進路で活躍する人にもぜひ大切にしていただきたいと願っています。

    20180209_04.jpg

  • プレスチューデントデイ:心理学科イベントを開催しました

     今年もあとわずかですね。高校生のみなさんは、冬休みに入ったころでしょうか。

     12月23日(土)に、AO入試と推薦入試で合格した方々を対象とした「プレスチューデントデー」を開催しました。午前中の全体会ののち、学科別にランチタイムを終えて、心理学科の主教室であるサイコラボにて学科イベントを行いました。

    20171223_01.jpg

     学科長による挨拶と学科紹介の後、4年生によるミニ講座「意味がわかると話したくなる心理学」を開催しました。この企画は、4年生の総仕上げとなる「対人サポート演習」という授業で準備を進めてきたものです。4年間、さまざまな科目を通して学んできた心理学の知識を、参加者のみなさんにわかりやすく紹介するだけでなく、みなさんのこれまでの経験を振り返ってもらい、全体で共有してみました。日常生活の中ですでに経験していることの中にも、心理学で理解できるものが多いことに気づいていただけたのではないでしょうか。20171223_03.jpg

     その後のおしゃべりタイムでは、先輩や先生方、参加者のみなさんどうしで和気あいあいとした雰囲気のなか、これからの大学生活についてイメージをふくらませていたようでした。

    20171223_02.JPG

     最後に、心理学の学びを実際に体験し、自らの成長に必要な学びのスキルを身につけていただくための入学前課題について説明しました。

     参加者のみなさんとこの次にお会いするのは入学式です。来春からは、国家資格である公認心理師のカリキュラムもスタートします。みなさんが心理学科に新たな風をもたらしてくれることを期待しています。よいお年をお迎えくださいますように。

  • 第11回NPプログラム終了報告

    104日から2か月にわたって続いたノーバディズ・パーフェクト・プログラム(NPプログラム)が11月22日に終了いたしました。

    この子育て支援プログラムは、完全クローズドの安心して思いを表現できる環境の中で、日ごろの思いを出し合いながら、お母さま同士で支え合い、これからの子育てのヒントを見つけ合う場です。

    20171220_01.JPG

    お母さま方に安心して講座を受けていただけるよう、お子さまたちは託児室でお預かりしていました。

    託児では、お子さまお一人を継続して担当する学生を割りあて、地域で子育て支援に携わっておられる託児のベテランスタッフの方々がサポートしました。

    20171220_03.JPG

    最初はお母さまと離れがたかったお子さまたちも、回数を重ねるごとに担当の学生に慣れて、笑顔を見せてくれるようになりました。

    また、週に一度お会いするたびにお子さまたちの成長も感じられ、お子さまたちと担当の学生たちの間に形づくられていく絆が目に見えるようでした。

    20171220_02.JPG

    学生たちにとっては、ひとりの子どもとこれだけ長期にわたってかかわる機会はとても貴重であり、大変良い学修の機会になったのではないでしょうか。

    最後になりましたが、ご参加いただいたご家族の皆様と、毎回このプログラムを支えていただいております子育て支援サークル「くすくす」スタッフの方々に心より感謝申し上げます。

    そして託児学生のみなさん、長期の活動お疲れ様でした!

  • 学外でも学生たちが頑張っています!

    心理学科では「学修支援プログラム」を構築し、授業の学びだけではなく、学内外の様々な人々と結びつきながらより幅広い学びができるように支援しています。

    今回は、府中町社会福祉協議会と連携しなら地域支援活動を行っている「スマこね」が、去る11月3日(文化の日)に行った水分(みくまり)峡ハイキングの様子をお伝えします。

    ちなみに「スマこね」は心理学科13名、人間福祉学科4名、初等教育学科2名の学生がメンバーです。

    ---------------------------------------------

    当初は10月22日(日)に予定していましたが、台風の影響で延期となり、開催できるかが危ぶまれていましたが、11月3日は空がきりっと秋晴れに澄み上がる中,開催することができました。

    15人の参加者と地域のボランティアの方とで、とても楽しいイベントになったと思います。

    20171117_1.JPG20171117_2.JPG

    ぶらボラの先生や社協の方々にアドバイスを受けながら、4月から長い時間かけて企画を練ってきたイベントだったので,参加者の笑顔や「楽しかった!」という感想をいただけたときはやり切ったという達成感,これまで頑張って良かったという充実感が私たちの中で溢れていました。その気持ちと同時に,終わってしまう...という寂しさもありました。

    20171117_3.JPG20171117_4.JPG

    しかし,このスマこねの活動で経験したことは普通の大学生活を送っているだけでは経験できないことばかりでした。

    0から企画を考え,学科を超えたメンバーで話し合い,全力で思いを伝え,時にはぶつかり合ってお互いにお互いを高め合った半年だったと思っています。

  • ボランティア・カフェを開催しました!

    11月1日(水)の「育心の時間」でボランティア・カフェを開催しました。

    心理学科では、学生のみなさんが授業で学んだ心理学の知識や技術を実際に生かす機会として、さまざまなボランティア活動を推奨しています。6月の「ボランティア・ガイダンス」に引き続き、心理学科の全学年を対象とした「学修支援プログラム」のひとつとして、経験者どうしの交流や、これから活動を始めようと思う人たちのきっかけづくりを目的として企画したものです。

    20171101_01.JPG

    今回は、心理学科の学生たちが自ら運営または所属している6つの団体に活動の紹介をしていただきました。「カフェ」と名づけたとおり、各団体のセンスでチョイスしたお茶やお菓子を口にしながら、活動の様子や経験から気づいたことなどを話し合いました。大学内でのボランティア清掃、社協やNPO団体と連携した地域交流や動物愛護など、活動の場や対象は多種多様ですが、面白さや成長が感じられる点はお互いに通じるものがあったようです。

    20171101_02.JPG

    紹介を担当した学生からは、もっと多くの人たちにそれぞれの活動を知ってもらい、実際に参加もしてもらえればとの声があがりました。心理学科としても、引き続きこのような活動の情報をみなさんにご案内していこうと考えています。

  • 広島文教女子大学附属図書館
  • 広島文教女子大学附属高等学校
  • 広島文教女子大学附属幼稚園

〒731-0295
広島市安佐北区可部東一丁目2番1号
TEL.082-814-3191(代)  FAX.082-815-6801

Copyright© Hiroshima Bunkyo Women's University. All Rights Reserved.