文教キャリア形成支援の特色

2012年3月卒業生の就職率は、全国の女子大ランキングで第6位にランクインしました。毎年、高い就職率を誇る「就職に強い文教」、その実績を支えている主な取り組みを紹介します。


就職したら定年まで働くのが一般的な男性と違い、我が国の女性は第一子の出産前後までに約6割が退職しているというデータがあります。一旦退職した後、再び働き始める時の受け皿は、正社員ではなくパートという現状が待っています。 また、50歳代で介護のために退職するというケースも増えています。 このように、女性の仕事人生は結婚や出産などのライフイベントの影響を受けやすいという特徴があります。
女子大である本学のキャリア教育は、単なる卒業時の就職支援ではなく、その後に続く女性の長い人生を見据え、社会の一員として、職業人として自立する力と態度を育てようとするものです。 変化の激しい時代の中で、ライフイベントによって職業人生を中断した場合でも、しなやかに逞しく対応していける「生きる力」を育て、真の女性の自立を目指した教育を行っています。

■キャリア形成概論I
「キャリア形成概論I」では、女性のキャリア形成の特徴を意識した自己理解に重点をおいています。学生には「CAREER DESIGN」というファイルに授業資料をファイリングしていくよう指導しています。就職時に必要となる「自己PR」や「志望動機」など人生設計の基礎となる自分の考えがこのファイルの中にまとまっている状態をめざします。

■コミュニケーションとソーシャルスキル
「コミュニケーションとソーシャルスキル」の授業は、「交流分析」や「アサーショントレーニング」を中心とした内容です。自分も相手も認め、よりよい人間関係を築き、さわやかな自己表現ができることをめざし、豊かな人生に向けた大きな一歩へ繋げていきます。

■インターンシップ
インターンシップとは、企業や公共施設などで職業体験をするもので、学生が社会人としての生き方を考えるための貴重な経験と学びを与えてくれます。

 
就職活動は学生にとって初めての経験であり、人生の大きな選択であることから、悩みや不安も一人ひとり異なります。本学では、就職支援のプロである「キャリアコンサルタント」や「産業カウンセラー」の有資格者をスタッフに揃え、進路選択を考える前の段階から個別にキャリアコンサルティングを行っています。
また、就職活動が本格始動する3年生後期からは、個別相談に加え、履歴書添削、面接指導など、希望進路の実現につながる全面的な個別サポートを実施し、小規模大学ならではの一人ひとりのサポートに重点を置いた就職支援を行っています。

■育心育人ガイダンス
1年次から、現在の自分の価値観や興味・関心を知るため、キャリアアセスメントを実施します。その結果をもとに、学生一人ひとりがチューターと一緒に自分の将来の姿を考える個別面談を行います。 本学はこれを「育心育人ガイダンス」と名付け、本学の教育理念「心を育て 人を育てる」を実現するプログラムの一つに位置づけています。 育心育人ガイダンスでは、一人ひとりがめざす未来に向かって必要な知識・技能・能力を育てるためにどんな授業を選択したらいいのかという履修相談のほか、生活相談や助言、情報提供等が受けられます。これらの取り組みを通して、希望進路の実現に向けた支援を行っています。

■キャリア・コンサルティング
就職についての疑問や不安はさまざまです。キャリアコンサルタント資格をもつスタッフが、履歴書作成指導、面接訓練など学生一人ひとりの就職活動を個別に支援しています。

■全員対象の個別面談
就職課スタッフが4年生全員と個別面談を実施します。全員面談を設定することで、学生一人ひとりの内的キャリアに沿ったきめ細かな就職支援を行っています。

■万全のUターン就職サポート
「就職希望先リスト」でUターン就職を強力にバックアップ。このリストに沿って、全国各地へ就職担当の教職員が求人獲得に向けた訪問を行います。

■卒業後の就職支援
卒業しても継続してキャリアカウンセリングが受けられるほか、希望者には求人情報や就職支援情報を案内しています。仕事が休みの日にふらっと立ち寄ってくれる卒業生が多いのも本学の特長です。

■キャリアサポートプログラムスケジュール

  • 広島文教女子大学附属図書館
  • 広島文教女子大学附属高等学校
  • 広島文教女子大学附属幼稚園

〒731-0295
広島市安佐北区可部東一丁目2番1号
TEL.082-814-3191(代)  FAX.082-815-6801

Copyright© Hiroshima Bunkyo Women's University. All Rights Reserved.