教養教育
教養教育科目

広島文教女子大学では、「心を育て 人を育てる」という建学の精神に基づいて、教養教育科目と専門教育科目を総合化する教育を展開しています。そして、特に教養教育科目では、現実の問題を多面的に考える力や社会で必要となる基礎的なスキルを身につけると共に、思いやりや優しさ・常識や品性などを兼ね備え、人が人として生きていくことがむずかしくなった現代社会を、自分らしくそしてたくましく生きる力を身につけることを目標として、人間学科目群・現代教養科目群・スキル教育科目群・キャリア教育科目群の科目を用意しています。学科の枠をこえた教養教育科目を4年間にわたって選択して履修できます。

【人間学科目群】

 さまざまな意味で、本学での勉強の出発点となる科目群です。1年生の前期に、本学で学ぶ意義を理解し、本学の学生としての誇りを持ち、4年間の大学生活のあり方を学ぶ「文教学入門」、後期に、社会の一員としての自覚を身につけるための「日本国憲法」を全員が履修します。また、そのほかに、大学での基礎的な学習方法を学ぶ「大学での学びⅠ・Ⅱ」や、社会で活躍しておられる方々に人生を語っていただき、自分自身の人生を考える指針を手に入れる「人生論」も選択できます。

【現代教養科目群】

 人間学科目群の各授業で学ぶ基礎的な素養と、専門教育科目をある程度学んだ上で、2年次から始まる科目群です。過去から現代に至る人間の多様な所産に目を向け、それを通じて様々なものの見方を習得して、文化の基礎的な理解を図ることと、私たちが直面するどんな一つの問題でも多様な問題の複合体であることを知り、様々な視野からのアプローチが必要であることを理解することを目標としています。人文科学、社会科学、自然科学の3分野について、バランスよく選択できるようになっています。

【スキル教育科目群】

 大学4年間とさらに社会に出たあとに必要とされる基礎的な技能を習得することを目的とする科目群です。大きく、国際教育系、情報教育系、生涯教育系に分けられています。

 国際教育系科目では、英語によるコミュニケーション・スキルの獲得と英語圏の文化の理解を目標として、1年次に週2回を基本とする授業を、全員が小グループに分かれて履修します。授業はBECCを活用して、全てネイティヴの教員によって行なわれます。さらにレベルアップを望まれる場合には、2年次にも週2回、3・4年次にも週1回の授業が選択できます。この他に、2年次から、「フランスの言葉と文化Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」や「中国の言葉と文化Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」も選択できます。

 情報教育系科目では、1年次の「情報処理演習Ⅰ・Ⅱ」を全員が履修しますが、さらにスキル・能力を向上させたい人のために、2年次に「情報処理演習Ⅲ・Ⅳ」が選択できます。

 生涯教育系科目では、「生涯学習概論」や「健康とスポーツ」「運動学演習」など、生涯学習力や自己管理力を持つことができるようになる科目を履修するほか、「障害者コミュニケーション技術」や「制作技法演習Ⅰ・Ⅱ」などの科目も選択できます。

【キャリア形成科目群】

 一般的な常識や倫理観を備え、他者とのコミュニケーション力や課題に対して自立して解決できる実務能力や、職業を通して社会の形成に寄与できる人として常に学び続ける意思を持てるようにすることを目標とする科目群です。就職に密接に関わる科目群ですので、自分自身の将来に向けて存分に活用することができます。

  • 広島文教女子大学附属図書館
  • 広島文教女子大学附属高等学校
  • 広島文教女子大学附属幼稚園

〒731-0295
広島市安佐北区可部東一丁目2番1号
TEL.082-814-3191(代)  FAX.082-815-6801

Copyright© Hiroshima Bunkyo Women's University. All Rights Reserved.