先生が語る「私の授業紹介」

いろんなことに興味のアンテナを広げ、勉強だけじゃなくサークルや課外活動、ボランティアなど多彩な活動を経験した学生時代。
それらがあったからこそ、自分の目標が見つかり、夢を大きく育むことができた…。
そんな共通の思いを持つ卒業生から、未来の後輩たちへメッセージです。

高見 汐里さん
西日本旅客鉄道株式会社勤務 [社会心理学コース 2010年卒(鳥取県/境高等学校出身)]
相手の立場に立って物事を考える大切さ…、文教での日々が生きている。
就職活動ではとにかくいろんな業界の説明会に行き、つねに振り返り作業を大切にしながら積極的に動きました。現在はJR西日本で、窓口での切符販売、改札業務、ホームでの放送業務など、さまざまな仕事をこなす毎日です。文教では相手の立場に立って物事を考え、行動する大切さを学びました。それは、接客をする今の仕事にもしっかり活かされています。お客さまに喜んでいただいたり、お礼を言っていただいたときは、やはりやりがいを感じますね。のびのびと自分らしく過ごせた文教での日々は、今も忘れられません。大学祭実行委員会の活動で、毎日仲間たちと汗を流しながらがんばった思い出など、鮮明に記憶に刻まれています。今後は車掌試験に合格し、地元で乗務員として働くことが私の目標です。<2013大学案内掲載>

三東 有希子さん
日本通運株式会社 広島航空支店勤務 [社会心理学コース 2007年卒(島根県/川本高等学校出身)]
チャレンジ精神を忘れずモチベーションを保ち、多くのことを学んだ!
先生方や友人、キャリアセンターの方々に支えられ、モチベーションを保ちながら積極的に取り組んだ就職活動でした。その甲斐あって、今の会社へ就職。現在は経理担当として、毎日の出納業務や支払いを円滑に進めるための準備、支払い処理、お客さまからの売上回収処理などを行っています。大学時代に学んだ「自己理解」と「他者理解」の精神は、人と接する際や、相手の立場になって物事を考える際にも求められます。大学祭、合同発表会などで力を入れたダンスも、学生時代のかけがえのない想い出で、そこで培った粘り強さは社会に出てからも生かされています。学生時代はチャレンジ精神で何でもやってみることが大事…これは自信をもって言えます!<2009大学案内掲載>

田中 久美さん
シチズン時計株式会社勤務 [社会心理学コース 2008年卒(山口県/下松高等学校出身)]
仕事に役立つ粘り強さは大学時代に培ったもの。思考力もグンと深まった!
大学時代に得たものは、「自分で何かを始める行動力」。一人で中国へ留学したことや、インターンシップ研修、アルバイトなど、さまざまな経験が今の私を形作ってくれました。「やりたい」と思ったことをとことん応援してくださった先生方にも感謝しています。そして、その先生方がとても身近であるという好環境は、文教ならではでしょう。地元の山口から広島の大学へ、今度は就職で東京へ…。人とかかわることが大好きなので、新たな企画・立案をスタッフと協同で手がける「オリジナル時計事業」という今の業務は私に向いていると思っています。今後は、産業カウンセラーやファイナンシャルプランナーといった資格も視野に入れて、自分なりの存在意義を見出だしていくのが私の目標です。<2009大学案内掲載>

  • 広島文教女子大学附属図書館
  • 広島文教女子大学附属高等学校
  • 広島文教女子大学附属幼稚園

〒731-0295
広島市安佐北区可部東一丁目2番1号
TEL.082-814-3191(代)  FAX.082-815-6801

Copyright© Hiroshima Bunkyo Women's University. All Rights Reserved.