広島文教大学附属高等学校 オフィシャルブログ

おうち時間の過ごし方⑨インドアライフ(永江PTA副会長)

GWが明けても、まだまだ自粛モードが続いておりますが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

PTA副会長の永江です。

私は基本的にはインドア好きなので、ステイホームを言い訳にどっぷりと工作や読書に浸かっております(笑)

手始めに、布マスクや使い捨てマスクをYouTube動画等を観ながら作りまくり、更には以前ハマっていた消しゴムはんこやプロミスリングなど。

子供達の写真の整理にデコパーツでコラージュを~と作っていましたが、途中からデジカメで現像してないものが多数に...。

ならば!と見つけたのが、『デジカメdeムービーシアター』というソフト。

パソコンで写真データを簡単に編集してフォトムービーが作れるというすぐれもの♪これははまりましたね!

GWに会えなかった祖父母にもスマホで見れる圧縮形式でLINE送信するのもすごくお手軽にできました!

しかし、やはりいつでもどこでもできる暇潰しは読書ですね。

歴史物やミステリー好きの私のオススメは、

☆【QEDシリーズ】(高田崇史:講談社)

博覧強記の主人公・桑原崇が事件と共に、古文・歴史・人物に隠された謎を解く。

表題の『QED』は栗本薫著の名探偵伊集院大介もよくセリフにしていたQuod Erat Demonstrandum(証明終わり)の略だが、正確には(これが示されるべき事であった)の意味らしいと言うのはオマケの豆知識。

☆【逆・日本史】(樋口清之:祥伝社)

☆【逆説の日本史】(井沢元彦:小学館)

共に、新しい歴史の見方を気付かせてくれる面白い本です。

☆【孤宿の人】(宮部みゆき:新潮社)

☆【ぼんくら】(宮部みゆき:講談社)

この人の時代小説は色々シリーズや短編が出ていますが、面白い!

当時の江戸の町をそのまま散策できるかのような描写や緻密なミステリーで読みごたえもバッチリですが、全体に流れる人情味に泣けます!

ライトノベルも捨てがたいですね。

簡単に紹介すると、

【何て素敵にジャパネスク】(氷室冴子:コバルト文庫)

【バチカン奇跡調査官】(藤木稟:角川ホラー文庫)

【薬屋のひとりごと】(日向夏:ヒーロー文庫)

最近流行りの異世界転生モノも、漫画や小説でつまみ食いしてます。

読書って良いですね♪

ステイホームで身体はおうちのソファーの上だけど、ココロはどんな時代のどんな国でも...異世界にですら自由に旅ができる!!

永江1.jpg永江2.jpg永江3.jpg永江4.jpg永江5.jpg

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.