広島文教大学附属高等学校 オフィシャルブログ

おうち時間の過ごし方⑲志望理由書の作り方(石川教頭)

志望理由書の作り方について

3年生の皆さん、こんにちは。国語科で教頭の石川です。自宅でのオンライン授業が続いていますが、授業の形態にも随分慣れてきた頃ではないでしょうか。さて、受験生の皆さんは、入試がどうなるのか、予定通り実施されるのかなど、不安に感じることも多いでしょう。巷では、9月入学の導入も取り上げられており、入試については不透明でモヤモヤした状態が続いています。しかし、我々がやるべきことは何ら変わりません。例年通りに入試が実施されるという想定の下で、今「やるべきこと」、「やらなければならないこと」、「やれること」に全力を注ぐということです。オンライン授業に真剣に取り組むのはもちろんのこと、「総合型選抜」(これまでのAO)、「学校推薦型選抜」(これまでの推薦)入試で提出が求められる「志望理由書」の作成に取り組んでみましょう。まずは、「志望理由書」の入試における位置づけから確認します。

「志望理由書」は受験生の第一印象であり、面接官にこの生徒とぜひ面接したいと思わせる材料である。

「総合型選抜」「学校推薦型選抜」入試で最も多い受験パターンは、「小論文+面接」です。皆さんが出願時に提出する「志望理由書」は、面接の基礎資料となります。志望理由書を読んで、どんな受験生なのか、どんな人なのかを、面接官は知ることになります。すなわち、志望理由書があなたの第一印象を形作るのです。もちろん、面接官は、あなた一人の志望理由書を読むわけではありません。何十人、何百人という受験生の文章を読むわけですから、大切なのは「オリジナリティー(独自性)」であり、「他の受験生との違い」をアピールすることです。

では、どうすれば「違い」を生み出すことができるのでしょうか。続いて、志望理由書の作り方について説明します。

志望理由書の作り方

(大原則) 以下の①~④の項目をすべて書き込んだ文章を作成する。

①「○○という職業」「△△という学問分野」を志す(目指す)きっかけとなったエピソード

 ⇒「きっかけ」は人によって違うはずである。この部分が他の受験生との違いを生み出すポイントになる。

②「○○になる」「△△を学ぶ」という目標を実現するために、高校生活の間に取り組んだ体験・エピソード

 例:体験実習・ボランティア活動への参加、志望する学問分野に関連する調査・研究...

 ⇒この部分もオリジナリティーを発揮できる部分である。あなた固有の体験、あなたでなければ語れない中身をしっかりと書き込もう。

③なぜ□□大学・短大・専門学校☆☆学部・学科・コースを選んだのか?

 例:看護学部・学科・コースを設置している大学・短大・専門学校は全国を探せば100校は超える。なぜ、あなたはその大学・短大・専門学校を選んだのか?

 ⇒あなたが志望する学校と、他の学校の違いを明確に語るための調査・分析が必要となる。

④□□大学・短大・専門学校☆☆学部・学科・コースでどんなことを学びたいのか? 

その学びを通して社会でどんな仕事をしていきたいか? 学んだことを社会でどう役立てたいか?

 例:△△について興味・関心があるので、これを専門的に深く研究したい。将来は○○として...。

  ⇒進学の目的は「学ぶ」ことです。だからこそ、「学び」を中心にした志望理由書を作成すべきである。

最後に、志望理由書は入試の合否を左右する重要な書類です。志望理由書の良し悪しを決めるのは、

「具体的である(自分の経験・固有の経験が述べられたもの)」かどうかです。では。

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.