広島文教女子大学附属高等学校 オフィシャルブログ

2020年1月アーカイブ

ニュージーランドに中期留学をする3人は,ニュージーランドに無事到着しました。

到着時間が少し遅れたようですが,みんな元気です。

オークランド到着後,ホストファミリーと対面しました。ホストファミリーに出迎えられ長旅の疲れも吹っ飛び、笑顔の3人です。これからの留学ライフに期待が膨らんでいるようです。

IMG_5664.jpgIMG_5663.jpgIMG_5658.jpg

カナダ組、無事到着

カナダに中期留学する3人は、カナダに無事到着しました。早速出迎えてくれたそれぞれのホストファミリーと対面しました。3月末まで、ホームステイしながら、現地の高校に通います。さあ、留学ライフの始まりです‼️

20200125 Hiroshima ARR (1)-min.jpg20200125 Hiroshima ARR (2)-min.jpg20200125 Hiroshima ARR (3)-min.jpg20200125 Hiroshima ARR (4)-min.jpg20200125 Hiroshima ARR (5)-min.jpg20200125 Hiroshima ARR (6)-min.jpg20200125 Hiroshima ARR (7)-min.jpg

㊶ 充実した文教中期留学

 2020年度の文教高校の中期留学生6人が憧れの地に旅立ちました。みんな、期待と希望に胸を膨らませた素晴らしい笑顔で出発しましたよ。3月末までホームステイしながら現地の高校に通います。ネイティブとの授業やクラブ活動、ホームステイ先でのホストファミリーとの交流、週末のイベントやお出掛けなどなど、見るもの聞くもの全てが刺激的な留学ライフです。一生の宝物となる貴重な経験になってくれることをムッシュは祈っています。

 文教高校は中期留学生が留学中、数学や国語などの教材や資料などをiPadを通じて配信し、学習サポートを徹底します。帰国しても授業についていけ、受験等にも影響が出ないよう、万全の態勢で臨みます。安心して留学できるサポートがあるからこそ、年々、中期留学の希望者が増えています。

 また、留学中、現地の高校での学びの様子やホストファミリーとの生活などを、1週間ごとにレポートにまとめて写真付きで提出してもらいます。留学の終盤には、レポートは英語で書いてもらおうと思います。留学後は、在校生に留学とホームステイの体験を発表してもらいます。現地の高校ではプレゼンテーションやディベートの仕方、コミュニケーション力などを学べるカリキュラムもあります。留学の成果が問われます。

 さらに、留学する前と、留学後(帰国後)に、英検2級程度のリスニングのテストを実施して、「留学の成果」を目に見える形、つまり数値化して実感できるようにする計画です。6人は出発前にリスニングテストを受けています。どれだけ英語を聴き取る力が伸びているか、ムッシュは楽しみです。

 広島文教高校は「英語の文教」「留学の文教」を掲げています。2020年度は、学年の全生徒の約3割が留学ないしはホームステイを海外で体験します。中四国・九州エリアで、これほどの割合の生徒が留学等をする学校は稀有なんですよ。まさに本校の誇りです。今後も文教生の「海外で学びたい」という夢や希望を全力で応援します。

中期留学生6人が出発

広島文教高校の中期留学生6人が1月25日、26日の両日、留学先の海外向けて元気に出発しました。6人はそれぞれ、3月29日までの2カ月間、ニュージーランドとカナダにホームステイしながら、現地の5つの高校に通い、留学ライフをエンジョイします。

 カナダに留学する1-C内川 小菜津さん、1-A松本 愛里咲さん、1-B泉川 ももかさんの3人は25日正午、広島空港を出発しました。出発式では、河田校長先生、吉村室長先生のほか、3人の担任の向井先生、本多先生、北村先生も駆け付け、保護者の方々が見守る中、3人は期待を胸にカナダに向かいました。羽田空港を経由して成田空港からカナダのバンクーバーに向かいます。

 ニュージーランドに留学する1-S育田 夢葵さん、1-S上西 ひなたさん、1-S沖土居 由希さんの3人は26日午後、広島駅を出発しました。広島駅まで保護者の方々に送ってもらった3人は、JTBの本校担当の水原さんが見守る中、吉村室長先生と担任の今岡先生からエールを送られ、新幹線に乗り込みました。新大阪駅を経由して関西空港からニュージーランドのオークランドに向かいます。

 文教高校の留学制度に憧れて入学してきた6人。いよいよ夢の実現です。恋い焦がれた異国の地での生活が始まります。期待と不安が入り交じって緊張していることと思います。保護者の方々の深いご理解とご支援で実現したホームステイ・中期留学です。学び多き海外生活を通じて、ひと回りも二回りも大きく成長してくれることを祈っています。「いってらっしゃい‼️ Good luck」 (今岡範哲)

IMG_2775.jpgIMG_2776.jpgIMG_2774.jpgIMG_2773.jpgIMG_2772.jpgIMG_2771.jpgIMG_2770.jpgIMG_2769.jpgIMG_2768.jpgIMG_2767.jpge.jpgd.jpgc.jpgb.jpga.jpg8.jpg7.jpg6.jpg5.jpg4.jpg3.jpg2.jpg1.jpg

1月3日にセンター対策講座

広島文教高校はセンター試験まで「あと15日」となった1月3日、文教塾のセンター対策講座を実施しました。3年生ら17人が参加し、この日は約10時間かけて、英語リスニング、筆記、国語、数学、地歴、理科などの講座に取り組みます。

 講座の前にあったオリエンテーションでは、吉村校長室長から一人ずつに、太宰府の合格祈願グッズと、校長先生や担任の先生らが書いた寄せ書きの色紙を手渡されました。続いて、今岡選抜学科長から「お年玉」として、合格祈願のお菓子がプレゼントされました。3学年主任の久賀先生と、3学年担任の住山先生も駆け付け、受験生にエールを送られました。

 参加者は「今年は正月はないつもりでいる。自分を信じて頑張りたい」「正月から学校で講座が受けれるなんてありがたい。身が引き締まります」などと真剣な表情。吉村室長は「体調管理に気を付けよう。朝型になろう。睡眠や栄養をきちんととろう。入試は解ける問題しか出題されない。最後の最後まで、あきらめないで万全を尽くしてほしい」と気合を込めて話していました。(文責・今岡)

IMG_2842.jpgIMG_2844.jpgIMG_2845.jpg

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Copyright© 2013 Bunkyo High School Attached to Hiroshima Bunkyo Women's University.